三河(東愛知) 東海あまのじゃくツアー

名古屋の近くにも箱根があった!?-新箱根

記事公開日:

「箱根」といえば、神奈川県と静岡県の境にある観光地で、東京から多くの人が訪れる温泉街です。そんな箱根が名古屋の近くにもあるのです。「いやいや、箱根は地名であって、他にもあるとかそういう性質のものではないでしょう...。」というご意見もあるかもしれません。でもあるんです、名古屋の近くに箱根が。しかしそれは本家とは違い、風情が違うだけではなく、なぜか精神力や判断力を必要とする場所となっています。

 その場所の名は「新箱根」。しかし、新箱根という地名が存在するわけではなく、観光ガイドや地図にも一切載っていません。新箱根とは一体...。

写真

 まずは新箱根の位置をご説明しましょう。国道1号線を名古屋から豊橋方面へと走ります。岡崎市の中心部を抜け、並走する名鉄名古屋本線の本宿駅を越えたところで国道473号線へと右折すると新箱根へと行くことができます。この道路は国道1号線から蒲郡市街へと抜けることができる唯一の無料道路です。すぐ近くには音羽蒲郡インターと蒲郡市街を結ぶ有料道路、音羽蒲郡有料道路(通称三河湾オレンジロード)があるのですが、250円かかるために、この国道473号は抜け道として多くの車が利用しています。しかし、その交通量の割りにこの道路は険しく、強靭な精神力を要します。

写真

 国道1号線と国道473号線が交わる交差点には、国道473号方面に「蒲郡」という表記がされています。しかし、つい数年前までこの表示は「新箱根」となっていました。蒲郡という表記をしてしまうと、有料道路を使わずとも蒲郡に行けることが大っぴらになってしまうために新箱根という表記にしていたのか、それとも、地名というわけでもない「新箱根」を行き先表示として掲げる意味が無くなってしまったからなのか、理由はわかりませんがとにかく行き先表示から新箱根という表示は消されてしまいました。現在は交差点名に「新箱根入口」と残っているのみになっています。再三申し上げていますとおり、新箱根は地名ではないため、この信号機以外でその文字を見ることは困難を極めます。

写真

 国道473号線を南へと走ります。最初は片側1車線が確保されており走りやすいのですが、とてもこの先に箱根っぽい観光地があるような雰囲気はありません。しかし、道路が細くなり「鉢地峠道」という標識が現れるあたりから様子が変わります。「この先路面不良・通行注意してください」という看板や「この先落石注意」といった警告表示が連続します。路肩は無くなりすれ違うのがちょっと怖くなります。しかしそんな道にもかかわらず、有料道路を通るのがもったいないからか、大型車両がビュンビュン走っていきます。

写真

 この道路を走ることの何に強靭な精神力が必要なのかといいますと、それはこの先のトンネルです。「鉢地坂トンネル」。このトンネル、細いんです。なのに500メートル弱と長く、タイミングを図るのが大変なのです。大型車が来ようものならすれ違うことなど不可能です。もちろんトラックはバックなんかしてくれるはずもありませんから、トンネルに入る際、ダッシュで抜けられるか見極める力が必要となるのです。そして思い切って走り抜ける精神力も。

 ちなみに、この道路が開通したのは1934(S9)年のことで、ここから見る蒲郡の景色が箱根に似ているという理由で「新箱根観光道路」と名づけられたことが「新箱根」と呼ばれる理由となっています。当時は観光バスも走っていたとのことです。現在は観光地とは言えませんが、現在も観光地であった面影は残っています。実際、それを目的に多くの人が訪れています。岡崎市側から走っていくと、道路沿いに天守閣のようなものが登場しました。いよいよ観光地の登場でしょうか。ところがこちらも、判断力が必要となるのです。

写真

 実は現在の新箱根は、ラブホテル街となっています。と言いましても、いわゆる国道沿いやインター近くにあるようなラブホテルではなく、昔ながらの連れ込み旅館を彷彿とさせる、間違っても横文字ではなく、日本語のホテルばかりが立ち並ぶエリアとなっています。お城のように見えたのは「竹千代」。新箱根で1位、2位を争う人気のホテルです。ワンガレージ式で、部屋の名前も「松」「竹」「楓」「本丸」「二の丸」など純和風。料金は休憩3,000円台ととてもリーズナブル。しかしそれで驚いてはいけません。

写真

 その先には竹千代と人気を二分するとも言われる「夕月」。なんとこの日は満室御礼の看板が立てられていました。こんな山奥に来る人がいるのかと思いきや、隠れ家的な雰囲気が良いのか、意外と人気があるのです。いや、隠れ家的といいますか、実際バレては絶対に困るような、隠れなければならない関係の人たちが来ているような気がしないでもないですが。

写真

 このように、ラブホテルがかなりの数立ち並んでいる新箱根。ラブホテルの名前でご想像いただけると思いますが、どれもかなり年季の入ったものばかりですので、それなりに覚悟は必要かと思います。いつかはラブホテルの内部レポートをしてみたいと思いますが、現状では相方の了解が取れていません...。

 そうそう、この新箱根のラブホテル街で何の判断力が必要なのかといいますと、ホテルの看板が立っているにもかかわらず、いざ道路を曲がってみると廃墟だったりすることがあるのです。確かにこのエリアでこのホテルの数では、競争は激化しているのでしょう。なかには2,000円台の看板を出している店も。しかも道路は細いですから、Uターンは困難を極めます。ラブホテルの看板を見て、そのホテルが営業しているのかどうか、彼女が文句を言わないレベルのホテルかどうか、瞬時に見分ける能力が必要となります。

写真

 付き合い始めの若いカップルにはちょっとオススメはできませんが、普通のラブホテルには飽きてきたですとか、昭和テイストなラブホテルを体験したい方、そして何より、知られてはマズい関係のカップルにはオススメのエリア、それが新箱根です。

スポンサーリンク

新箱根・竹千代(愛知・岡崎市)

-三河(東愛知), 東海あまのじゃくツアー
-

Copyright© TOPPY.NET -トッピーネット- , 2017 AllRights Reserved.