きょうの名古屋ワード

名古屋っ子がよく言う「じゃんけんのピー」をあるある解説

記事公開日:

よそでも使っとるかもしれんけれど、名古屋の人が使っとる「名古屋ワード」の使い方を学びましょう

基礎的な使い方です

TOPPY
「最初はグー、じゃんけんぽん。おお、おみゃーだけ、ピーだで負けだがや」

これは、複数人でじゃんけんをした際に、一人がピーを出した一方で、それ以外の全員がグーを出したという場面ですね。

意味は?

はい。じゃんけんにおいて、紙に勝ち、石に負ける、ハサミ。チョキのことを指します。

続いて応用です

はい。じゃんけんの応用で、3つのグループ分けをする際には、このように言います。

TOPPY
「グッ、ピッ、パーであーわーせ、せっ、せっ、せっ」

6人であれば、2人ずつといった具合に、うまく3つのグループに分かれるまで続きます。 もう一度

これは地域によって違いがあり
「グッ、ピッ、パーでそーろーいっ」
「グッ、ピッ、パーでそーろった」というバリエーションもあるようです。

ただ、2つのグループに分ける際には
「グッ、パッであーわーせ」と、ピーが省かれるケースが多いようですが、
「グッピであわせ」と、グーとピーで分ける場合もわずかながらあるようです。

「ピー」を「チョキ」とも言うとは理解していても、よそでは「ピー」が通じないということを、名古屋っ子は頭に入れておく必要があります。

ツイッターでいただいた意見をご紹介します

3つご紹介します

ひとつめです。 「ピー」は共通語で、全国どこでも通じると思っていました。特にじゃんけんは、親が教えるというよりも、子どもたちの間ですることで覚えるものですから、学校の用語と同じで、地域の色が濃く出ますね。ですのでそれが当たり前と思い込んでしまうわけですね。これは、よそに転校する際には、はばにされる要因になり得ますから、しっかりと「よそではピーではなくチョキ」ということを学んでおく必要がありますね。

ふたつめです。階段で行われるグリコじゃんけんも、グーは「グリコ」、パーは「パイナップル」、そして「ピーナッツ」でピーですよね!そうですね。間違っても、チヨコレート何て言ってはいけませんね。

みっつめです。名古屋をモデルとしたマンガ、ドクタースランプの、主人公アラレちゃんのツレ、ピースケくんのピーですよね。そこですかね。確かに作中でピーって言ってたような??

諸説ありますが、ピースサインの「ピー」が語源とも言われています。そう言われると、そんなにローカル色の強いものでもありませんよね。

名古屋っ子はじゃんけんのチョキをピーと呼ぶことで、平和を望んでいるのかもしれません。とはいえ、ジャンケンというのは、勝敗を決めるものであります。戦いの中にある平和。平和を希求しつつも、社会に出れば、戦いに勝ちぬいていく必要がある現代社会。そんな世の中の矛盾を、じゃんけんをとおして名古屋の子どもたちは学びます。

動画でもご覧ください!

関連情報


スポンサーリンク


-きょうの名古屋ワード

Copyright© TOPPY.NET トッピーネット , 2021 AllRights Reserved.