オイシイもの食べたよ! オイシイレポート

本店にはありません!当店のみ限定品!えびせんべい買うのも豊浜魚ひろば

記事公開日:2008年3月20日

写真

 前回、エビフライを求めて南知多町までやってきたお話をしましたが、せっかく来たのですから、やはり、海の幸をおみやげとして買って帰りたいというわけで、南知多のおみやげスポットとしてよく知られている「豊浜魚ひろば」へとやってきました。

 魚ひろばは、愛知県下でも有数の漁獲量を誇る豊浜港の産地市場を一般開放した施設で、新鮮な魚介類がさすがの産地価格で販売されているのですが、それだけではないのです。最近は、あちこちで売られている知多半島名物のあるものが、スペシャルプライスで販売されているのです。その、本店でさえも売っていないあるものとは。

スポンサーリンク

漁港の市場ですが観光客歓迎

 漁港の市場を一般開放したというフレーズに、これぞ漁師というような、ものすごい勝手なイメージを持ってしまっていたせいか、入った瞬間、ポップなどにいかにもな観光施設っぽさを感じて、思わず拍子抜けしてしまいましたが、品揃えはもちろん漁港ならでは。ズワイガニやタチウオ、アナゴといったものから、トロあじ、大トロサバの干物、そして赤エビ、甘エビ、天然大エビと、水揚げされたばかりのものから、水産加工品までもが、お値打ち価格でずらりと並びます。

写真

 特に干物が好きな私は思わず見入ってしまいます。他にも、もずくやワカメ、のり、煮干、はんぺいの実演販売など、海の幸に関するものなら何でも来いといった感じで、これなら、どんな人へのおみやげにも対応できますね。しかも全国に宅配できますから、大量に買っても大丈夫です。

写真

 でも、人へのおみやげに、海の幸はちょっと値が張るし、鮮度も心配...という方にオススメなのがこちら。

日本一のえびせんべい

 愛知県はえびふりゃ~の縁の場所でもありますが、県の魚は「クルマエビ」で、さらには、えびせんべいの生産量が日本一という、まさにエビづくしの県なのです。

 えびせんべいは、アカシエビという体長数センチのエビを煎餅にしたもので、発祥の地は知多ではないのですが、近年は知多半島の名物となりつつあります。

 そのえびせんべいも、この魚ひろばでは買い求めることができます。出店しているのはそう、その「知多=えびせんべい」というイメージを作り上げたと言っても過言ではない、この南セントレア市内...じゃないや、お隣の美浜町に本店を置く「えびせんべいの里」です。

写真

 えびせんべいの里は、この魚ひろば店のほかに、美浜本店、中部国際空港店、刈谷オアシス店と4店舗を構えていて、どこでも試食が可能なだけでなく、本店では口直しにコーヒーが飲み放題となっています。

 ものすごい数の種類のえびせんべいがありますから、それぞれ試食をする際には、一度コーヒーで口の中をリセットしてください、という優しさですね。

 しかしです。そのコーヒー飲み放題サービスのある美浜本店にも、他の2店にも無いお値打ちな商品が、この魚ひろば店にだけあるというのです。

 それは、われせんべい。

写真

本店にはありません!おみやげにはできません!?

 えびせんべいを製造する過程で、どうしても発生してしまう割れた煎餅「われせん」。それがかなりのお値打ち価格で、この魚ひろば店だけで販売されているのです。工場併設の美浜本店では売っていないのにです。わざわざ「われせんは本店にはありません!当店のみの限定品」という張り紙までしてあります。

 たぶん、本店で常設して置くほどには、われせんは発生しないということなのでしょうね。もちろん、私はわれせんを買いましたよ。

写真

 割れてたって、味に何ら変わりはないですものね。ただまあ、おみやげ用となると、さすがにこのわれせん、というわけにはいかないかもしれませんね。

 え?普通のせんべいを買ったことにして「持って帰る途中で割れちゃった」と言って、「われせん」をおみやげで渡せばいいんじゃないかって?

 だめです。

 なぜなら、袋に「われせん」って大きくシールが貼ってありますから。

関連情報

えびせんべいの里

豊浜魚ひろば(愛知・南知多町)MAP

豊浜魚ひろば

スポンサーリンク


-オイシイもの食べたよ!, オイシイレポート
-

Copyright© TOPPY.NET , 2017 AllRights Reserved.