三河(東愛知) 東海あまのじゃくツアー

地元テーマパークでクリスマスを満喫!-ラグナシア(2)

記事公開日:

 前回は、債権放棄や債務超過、増資といった現実的なお話ばかりをした蒲郡市のテーマパーク「ラグナシア」レポート。今回は夢の世界のお話。クリスマスを満喫できるイベントの数々をご紹介します。ニュースで報道されるイメージとは違って、本当に非日常を体験することができました。

写真

 クリスマス気分を一気に高めてくれるのがミュージカルショーです。宮殿ステージではクリスマス期間中「クリスマスレビューショーHoly Christmas」が行われています。少女が紳士に連れられてサンタの街へ行くとそこには...。クリスマスムードが盛り上がります。もちろんミュージカルは日本語ですのでお子さんでも大丈夫。しかもものすごい間近で見ることができるので、歌も生声が聞こえたりしますし、ダンサーの動きも大迫力。1ステージ25分ほどです。午後3時45分の回を見ると相方が「もう一度見たい」と言うので、私達は2回見てしまいました。

写真

 そして午後4時45分になるとライトアップセレモニーです。ガトーをはじめラグナシアのキャラクターたちが集まって、クリスマスツリーやラグナシア内の電飾を一斉点灯...のはずだったのですが、この日は雨のためセレモニーは中止とのこと。ただライトアップは午後5時にスタートとするという案内を聞き、ちょっとションボリしてしまったのですがその必要は無く、その午後4時45分から園内各地でキャラクターたちによるグリーティングが行われました。

写真

 プールサイドにあるメモリアルツリーの高さは10メートル。青から赤、緑とツリーの電飾は鮮やかに色を変えていきます。プールに浮かぶツリーや馬などの装飾や、建物や街並みにも全て電飾が輝きとても綺麗。イルミネーションというと「東海地方最大級の何万球」と、電飾の数で競うことが多いのですが、ラグナシアのイルミネーションを見ると、センスも大切だなと実感します。さすがテーマパーク、いい感じです。

写真

 キャラクター達の点灯式が無いということでガッカリしながらショップを歩いていたら、賑やかな一行が歩いていました。クリスマスモードのガトーと仲間達です。今日は仲間のモルサ、ピートとではなく、クリスマスということでスノーマンとジンジャークッキー、そしてお姉さん達と歩いていました。カメラを向けるとポーズをとってくれました。相方は果敢に話しかけます。私は夢心地な異世界自体は好きなのですけど、どうも、こういうキャラクターたちと話すというのは照れがあるのですが、相方はこういう時に積極的です。

 するとお姉さんが、「ジンジャークッキーのガールフレンドを今焼いてるんだよ。」と言います。相方は「へ~そーなんだー、待ち遠しいね。」とクッキーのキャラに話しかけ、キャラクターは照れながら喜ぶ素振りを見せます。私はてっきり「ああ、新しく女の子のクッキーキャラクターでも作ってるのかな。」と思い、後でそれを相方に話すと、「いやいやいや、そういう作り話に決まってるじゃん。クッキーをまだまだたくさん今も焼いてるよ、っていう設定だよ。」と笑われてしまいました。う~むむ...。

 この日はお客さんが少なかったので、ガトーたち全員と一緒に記念写真を撮らせてもらっちゃいました。ラッキー。周囲にいた子どもたちも大喜びで、それぞれキャラクターたちと一緒に写真を撮っていました。でもやっぱり小さい子にとってキャラは怖いみたいで、泣いている子もいました。それをなだめるキャラクターの姿もかわいい。

写真

 グリーティングに満足したので食事にします。宮殿1階の「ジェラテリア・カリーノ」でめんたいシーフードスパゲティと名古屋風あんかけスパゲティ(880円)を食べ2階へ。2階にある「ビュッフェ・バシレイオン」では、最近東京などでも話題のチョコレートフォンデュを楽しむことができます。流れるチョコレートにカステラやフルーツをつけてチョコをコーティングして楽しむものです。ドリンクバーも注文して席で一休みしていると、今度は3頭のトナカイのキャラがレストランに入ってきました。

 トナカイは、普通の目と、強気の目と、半分まぶたを閉じた目をした3頭。そのうち普通の目のルドルフさんが私たちの席にやってきました。テーブルの上にチョコレートフォンデュの用意がされているのを見るや否や、彼は身振り手振りで、私たちに席を立つように促すと、チョコレートフォンデュのコーナーへと私たちを連れて行き、そこでやり方をこれまた全て身振り手振りで教えてくれ、さらに一緒に写真も撮らせてくれました。

 あのー、かなり楽しいんですけど、ラグナシア。

写真

 最後、午後7時半に行われたのがクリスマスウォーターイルミネーションです。レーザー光線と照明、そして噴水が音楽とともに空中でイルミネーションショーを展開します。土日はラグナシアドリームとして、さらに花火が加わります。噴水とライトのショーを見て、かなり前に相方と行った、ラスベガスのベラッジオの噴水ショーを思い出しました。ちなみに夏場はガトーの指揮による噴水、レーザーショーになるとのことです。営業時間は12月25日までのクリスマス期間中平日は午後8時まで、土日、25日は9時までです。

写真

 ショップではラグナシアキャラクターのオリジナルグッズのほか、クリスマスグッズを売る店や、アクセサリーショップ、さらにキティちゃんグッズの専門店などもあります。キティちゃんとラグナシアのコラボレーショングッズはかなりレアだと思われます。そのショップの前では、キティちゃんがなぜか金シャチに乗っています。ご当地キティが愛知、岐阜、三重、静岡、そして滋賀県バージョンとかなり広範囲な品揃えになっていますので、キティコレクターは要チェック。

写真

 債務超過を増資で回避した第3セクターのテーマパークということで、最初はちょっと「どうかな~」と思っていたのですが、スタッフの応対やキャラクターの動き、そしてミュージカルショーとどれも洗練されていて、正直、驚きました。いわゆる落ち目のテーマパークにありがちな、虚しさや切なさを感じることはありませんでした。来年4月には新しいメインアトラクションが誕生し、来年度以降は単年度黒字を見込んでいるとのこと。(過去に一度黒字となった期がありますが、それは土地売却益があったため)

 近くにこんな徹底したテーマパークがあるとは...今までどうして来なかったのだろう、と思ったほどです。確かに、ディズニーやUSJに比べたら世界観の洗練さや知名度は下かもしれませんが、結構いいですよ。特にお子さん連れに、そしてイルミネーションだけじゃクリスマス感がもの足りないという方にもオススメです。

スポンサーリンク

関連リンク

ラグーナ蒲郡

ラグナシア(愛知・蒲郡市)


スポンサーリンク


-三河(東愛知), 東海あまのじゃくツアー
-

Copyright© TOPPY.NET -トッピーネット- , 2017 AllRights Reserved.