06.千種区 名古屋を歩こう

陰陽師にお願い

記事公開日:2004年7月6日

画像

昔からキリンの親子が目印です-ネッツトヨタ東名古屋

 谷口の交差点から茶屋坂通を西に歩きます。左手には大きなキリンの親子がいるネッツトヨタ東名古屋鍋屋上野店があります。今はキリックスグループとなっていますが、そのグループの核となっているキリンダム系列のトヨタの販売店はこのキリンの親子が目印となっています。今でも疑問のままなのですが、かつて瀬戸の我が家の近くにあったコンビニエンスストア・ココストアには同じようにキリンの親子がいました。キリンダムの払い下げ品を購入したのか、それともキリンダム系列のコンビニだったのかは今も謎のままです。すでにそのココストアはありませんし、キリンも姿を消してしまいました。あの親子の安否が心配です。

画像

▲ビスタがネッツに変わっても、キリンの親子は元気です。

裸足で歩くと刺激的-永弘院・八坂社

 そのネッツ店がある交差点を左、南方向に曲がってしばらく歩くと右手に永弘院が見えてきます。ここは東海四十九薬師霊場第二十八封じ所となっているお寺です。東海四十九薬師霊場とは三重県の名張市にある福成就寺をスタートとし、愛知・岐阜・静岡を巡る薬師巡礼の霊場です。巡礼については朱鷺書房からガイドブックが発行されているほか、専門の案内所もあります。お薬師さまを巡礼すれば病気を癒され、身も心も安らかになるそうです。しかしそれだけの距離を巡礼するには、元々健康でなければ無理な気もします。

画像 画像 画像 画像 画像

▲永弘院です。東海四十九薬師霊場のひとつ。
画像
▲この日は塗装工事をしているようでした。
画像
▲立派な鐘も道路沿いから見えます。

 永弘院のすぐお隣には八坂社があります。ここも茶屋が坂にあった市之御前社と同様に上野天満宮の社のひとつです。八坂社からさらに西に行ったところにある愛宕神社も同様です。八坂社は厄除け、愛宕神社は防火、雷を防ぐ神さまとして信仰されています。ところでこの愛宕神社の横の公園にはプレイサークルという場所があります。地面が青竹踏みのように凸凹になっており、裸足で歩くと健康になるというものです。これがかなり刺激的。ただ砂だらけ、木の枝だらけなので怪我には充分気をつけないといけません。刺激が強いなぁ、と我慢していると足が血まみれになっているかもしれません。

画像 画像 画像 画像 画像

▲厄除けの八坂社。
画像
▲防火、雷除けの愛宕神社。
画像
▲足が健康になるプレイサークル。

全国からの参拝者が後を絶たない-晴明神社

 そして、愛宕神社から少し東に戻り、市バス清明山のバス停から北に歩くと清明山交差点があります。さらにそのまま北に進むと住宅街のなかにある小高い丘に、ポツンと神社があります。すぐ裏手にはナゴヤドームが見える、千種区の北端です。本当に小さな神社なのですが、この日も熱心にお参りする人がたくさんいました。こんな目立たないところにどうして、と思うのですが、何と全国からここにお参りにやってくる人が後を絶たないと言います。なぜなのでしょう。

画像 画像 画像

▲住宅地の丘にポツンとある晴明神社。
画像
▲星型の桔梗は晴明の印。

 ここは晴明神社です。晴明とは安倍晴明、あの平安時代の陰陽師です。神社の至る所には「晴明桔梗」と呼ばれる星形の桔梗が結ばれており、一般的な神社とは異なる雰囲気を醸し出しています。時は987(寛和2)年、晴明は尾張国狩津荘上野邑に移り住みました。それまでこのあたりはマムシが多く村人は困っていたのですが、晴明の力によってその後全くマムシを見なくなったと言われています。千種区向陽には蝮ヶ丘八幡宮という神社もあることから、このあたりにマムシが多くいたのは間違いないようです。

 現在、晴明神社は綺麗に整備されていますがかつては祠があっただけでした。明治、大正、昭和の戦前にかけて清明山一体は陸軍用地となっていました。兵士たちはこのあたりで演習を行っていたのですが、その祠が邪魔で仕方ありませんでした。ある時数人の兵士が祠を移動させたり、塚の一部を壊したところ原因不明の高熱にうなされたため、それ以降は祠を大切に扱いました。

 やがて戦争が終わり1949(S24)年、現在も神社を囲む格好になっていますが、県営清明山団地を建設することになりました。塚を壊し、祠も移動してしまいました。すると工事中、突然足場が崩れ、作業員が亡くなる事故が2回連続で起きてしまいました。工事関係者が地中を掘ると地中からは石碑が見つかりました。石碑には何も書かれていなかったのですが、和紙で拓本すると「安倍晴明」という文字が浮かび上がったのでした。そしてその後、現在の社殿が建てられています。

 近年はコミックや小説、映画、ドラマと安倍晴明が取り上げられるようになり、若い女性が多く訪れるようになったと言います。妖怪使いで天皇にまで影響を与えたと言うそのイメージはどこか怖さを感じさせますが、この晴明神社は恋愛成就の神様としても知られており、千種区内にある城山八幡宮、高牟神社とともに「恋の三社めぐり」を地元女子高生が企画しています。陰陽師の力があれば、どんな恋だって叶うかもしれません。

 恋愛だけでなく、他にも病気平癒、開業、結婚、受験、防火などなどご利益があるそうです。さすが陰陽師です。あちこちに桔梗が結ばれているここに来ると、本当に不思議なすごい力があるような印象を受けます。妖怪も味方につけちゃいましょう。


スポンサーリンク


-06.千種区, 名古屋を歩こう
-

Copyright© TOPPY.NET トッピーネット , 2017 AllRights Reserved.