06.千種区 名古屋を歩こう

安さにもプライド

記事公開日:2004年7月6日

画像

スポンサーリンク

月に6回の青空市が現役-一畑山薬師寺・丸山神明社

 では、今池から広小路通を東へ歩きます。すると仲田という交差点があるので右へ曲がり南下します。ここから東側は春岡界隈になります。二つ目の信号を右に曲がり、東へ進むと右手に春岡小学校、そして小学校を過ぎた道を左に曲がると一畑山薬師寺があります。一畑山薬師寺と言うと岡崎市を思い出しますが、ここはその名古屋別院となっています。一畑山薬師瑠璃光如来を本尊としていて、古くから病気の治癒にご利益があることで知られています。門構えが立派で入りにくい雰囲気があるためか、「拝観無料」と大きな文字で書いてあり、さらには筆記体で「Welcome!」ともあり両手を広げて参拝者を待っています。合言葉は「Believe your heart」。

画像

▲こちらが一畑山薬師寺です。手前にあるのがWelcome!の看板。

 再び小学校の前の道に戻り、左手に天理教の教会を見ながら歩いていくと大きな公園が表れます。丸山公園です。ここには元亀・天正年間(1570~1591)に創建された丸山神明社があります。かつてこの一帯は丸山村で、この神明社は村社でした。のちに今池一帯へと広がった古井村はここから開拓されたと言われています。神明社では毎月1・6の日に野菜市が今でも開催されており、歓楽街・池下からわずか400メートル南であることが嘘のような「日本・心のふるさと」といった風景が広がります。

画像 画像 画像

▲繁華街近くとは思えない丸山神明社。
画像
▲この境内で野菜市が開かれます。

外部資本と戦うエイデン本部の横に迫る影-エディオン

 丸山公園からは道が入り組んでいますが、とにかく真北をめざして歩くと池下駅に出ます。まず見えてくるのが千種警察署。そしてそのすぐ横には大きなマンションやビルが立ち並びます。先程までの長閑さから一変します。ここには名古屋を代表する大手家電チェーンのエディオン本社があります。エディオンと言われてもピンと来ないかもしれませんが、エイデンと言えば名古屋っ子であれば誰でも知っている家電店です。

画像 画像 画像

▲右手前が千種警察署、中央がサンクレア池下。
画像
▲サンクレア池下の左にあるのがエディオン・エイデン本社。

 かつては栄電社という社名でテレビショッピングなどもやっていました。北区の黒川に本社を置き、その後「エイデン」とカタカナに社名を変更、さらに三河を中心とするホームセンター「サカキヤ」と合併し「エイデンサカキヤ」という社名になり、家電とホームセンターが一体となった新業態「ホームエキスポ」を開発しますがそれ程店舗は増えませんでした。そして、この池下に本社を移すこととなりその時ひっそり、社名を再び「エイデン」に戻したのでした。

 ほんの少し前まで、名古屋はエイデンの天下でした。名古屋で電化製品を買うと言えば無条件にエイデンで買うと決まっていました。東海3県下では、瀬戸市を除き10万人以上の人口がある都市全てに出店し大きな力を持っていました。ところが近年、北関東勢のコジマ・ヤマダや関西のミドリ電化が続々と名古屋に進出し、エイデンの牙城を崩し始めたのです。もちろんエイデンも黙っていません。エイデンも対抗し店舗を続々と大型化しました。名古屋っ子を迎え入れるには必須の大型駐車場も完備しました。しかし進出勢の攻勢は激しく、2002(H14)年3月に広島を中心に西日本に店舗展開するデオデオ(旧ダイイチ)と持株会社を設立し、一部仕入れなどの分野を統合しました。それがエディオンです。しかし、統合されたのは一部の部署のみで、実際はエイデンもデオデオも店舗名はそのまま、会社もそのまま残っているので消費者にとってはエイデンはエイデンのままで、エディオンという名はあまり知られていません。

 ところで、エイデンの名は名古屋での知名度抜群ですが、全国ではほとんど知られてい
ないことでしょう。しかし総合格闘技「PRIDE」と言えばご存知の方も多いでしょう。い
きなり何の話かと思われるかもしれませんが、エイデンとPRIDEには密接な関係がありま
した。

 エイデンは以前から広告・エンターティメント分野に進出したいという思いが強く、広告宣伝部門を独立させ専門の広告制作会社を設立しました。その子会社は「PRIDE」と関係があり、かつてエイデンのCMに高田延彦氏が出演し「安さにもプライド」という名ゼリフを残しています。そしてその広告制作会社の森下社長が、PRIDEを運営するイベント会社ドリームステージエンターテインメント(DSE)の社長を兼務していました。

 今はエイデンとPRIDEの間に関係は残っていないようですが、PRIDEの番組を名古屋・東海テレビが制作していたり、興行が東京などで行われる時も、なぜか名古屋のアナウンサーが必ず登場するのは、以上のようにPRIDEが名古屋と関係があった名残です。エイデンという家電店の社員から、PRIDEという興行団体の社長となった森下さんは2003(H15)年1月お亡くなりになっています。ご冥福をお祈りします。

 さて、この池下にはエディオン・エイデンの本社があるものの店舗はありません。それどころか千種区には店舗を配置していません。しかし、エディオン本社の横には家電店があります。大阪に本社を置く「ジョーシン」です。

 足元に迫る関西資本。池下にはエイデンの現状が如実に現れています。

画像

▲駅の南側を東西に走る広小路通。

スポンサーリンク


-06.千種区, 名古屋を歩こう
-

Copyright© TOPPY.NET トッピーネット , 2017 AllRights Reserved.