トッピーの放送見聞録

岐阜中濃FMらら開局1周年&御嵩ミーモスタジオオープン!

記事公開日:2013年7月25日

写真

★開局1周年特番の第1部を担当しました!
★第2部はミニライブ&初の3元生放送
★美濃加茂に続いていよいよ御嵩にもスタジオオープン!

 可児市、美濃加茂市、御嵩町を中心に、岐阜中濃地区を広くカバーしているコミュニティFM局「FMらら」が7月24日に開局1周年を迎えました。私も毎週月曜午前11時に番組を担当させていただいていることもありまして、トッピーネットではこれまでFMららの開局レポート初の公開生放送レポートをお届けしてきました。

 開局1周年を迎えた当日、FMららは初の11時間連続生放送を実施。そのうち2時間を担当させていただきました。また、この日はミニライブに新スタジオオープンとお祭り騒ぎ。そのもようをレポートします!

スポンサーリンク

特別番組の第1部を担当しました!

 この日は通常番組6時間と、特別番組が5時間の合計11時間連続生放送となっていまして、私が担当しましたのは、午前9時からの2時間「FMらら開局1周年特別番組・第1部~FMららの軌跡」です。

 可茂地区に新コミュニティFM局設置計画が浮上したのは、あの「7・15豪雨」が発生した2010(H22)年の秋。それから2年弱に渡る開局までの経緯と、開局から1年のFMららの軌跡についてのほか、「FMららのインターネット戦略」「FMららのアートディレクション」「コミュニティFMの存在意義と防災・地域活性」について、アートディレクターの加納裕泰さんと一緒にお送りしました。

 また、10時40分からはゲストにFMららを運営するFMラインウェーブ株式会社の加藤取締役局長と、水曜午前11時からの「トライアングルトーク」を担当されている、じゅんじゅんさんとひかりんさんを迎えて、1周年のあいさつと、10時46分の開局1周年の瞬間にはカウントダウンを行い、お祝いムードで1周年を迎えることができました。

 このような、放送局の軌跡を振り返る開局1周年記念特番を、構成そしてメインパーソナリティとして携わらせていただけるなんて、本当に光栄なことで嬉しかったです。続いて「トライアングルトーク開局スペシャル」にもゲストとして入らせていただけまして、安定の爆笑トークについていくのが精一杯でしたが、頑張ってなんとかツッコミ入れることができました。

写真

一ノ瀬芳翠先生が登場!

 そしてスタジオ前には、その前々日に私の担当番組である「マンデーイレブン」にゲストで登場してくださった、女流書道家の一ノ瀬芳翠先生が、特製の横断幕を製作して持ってきてくださいました。これには関係者一同びっくり!

「マンデーイレブン」はこちらから番組の一部をいますぐお聴きになれます。

写真

 スタジオには開局1周年へのお祝いの花が届いていまして華やかだったのですが、それ以外に開局1周年を記念したディスプレイなどが無かったものですから、横断幕の存在感はすごく、本当に記念特番に花を添えていただくこととなりました。また、先生は開局1周年記念特番放送中、会場にて願いごとが叶うという「夢色紙」の来場者プレゼントをしてくださり、たくさんの方に喜んでいただけて、本当に良かったです。

写真

第2部はミニライブで大盛り上がり

 午後1時からは「開局1周年記念特別番組・第2部~ミニライブ&3元生放送」です。司会は1年前の開局記念特番と同じく山ちゃんこと山本浩之さん。落ち着いたトークは憧れます。そしてミニライブ会場の司会は金曜夕方の「ROCKぱわーすてーしょん」でおなじみの北尾Kinnyさん。最初からテンションMAXです。

写真

 ミニライブ、最初はギターのトム兼松さん。この春から火曜夕方にスタートした「トムずクルーズfor you」を担当されていらっしゃいます。ギターの音色が心地よく、思わずうっとりです。ミニライブはケーブルテレビ可児のテレビ番組「カニバラ」のセットをステージとして使用していたため、一見まるでテレビの公開生放送のようでした。

写真

 さらに、1年前の開局記念式典でも演奏を披露された、毎週月曜朝モーニングライン担当のアルパ奏者、大川実音吏さんの演奏も。美しい音色が吹き抜けのフロアに響きます。もちろん、日本のラジオ局で唯一実践しているという「笑いヨガ」も披露です。会場に笑い声が響き、穏やかな空気が流れます。

写真

 また、みのかもHOTスタジオから大道芸人の大吉さんもかけつけ、会場を盛り上げました。さらにゲストとして可児の地元アイドル「ROZES」も登場。ロビーの椅子が全て埋ってしまうほどに多くのリスナーさんがかけつけてくださり、ミニライブは大盛況となりました。1年間でこんなにもたくさんの方がららのファンになってくださっているのですね。平日にもかかわらず、ありがたいことです。でも、盛り上がったのは可児本社Aスタジオだけではありませんでした。

写真

御嵩町に御嵩ミーモスタジオオープン

 午後3時に、記念すべき瞬間がやってきました。新スタジオのオープンです。FMららは可児市、美濃加茂市、御嵩町を中心エリアとしていまして、本社が可児、そしてこの4月5日には美濃加茂市に「みのかもHOTスタジオ」をオープン、さらにこの日、御嵩町に「御嵩ミーモスタジオ」オープン。いよいよ3市町全てにスタジオを設置できることになったのです。

写真

 御嵩スタジオは、名鉄広見線の御嵩駅から東へ5分ほど歩いたところにあります。中山道御嶽宿の風情ある街並みを見ながら、中山道みたけ館を越えると、郵便局の手前「中屋履物店」にあります。そうなんです。ちゃんとした常設スタジオなんです。驚きです。

写真

町長が登場、ミーモくんも登場

 午後3時の御嵩ミーモスタジオオープンとともに、御嵩町長とミーモくんが登場。地元の新聞社やケーブルテレビもかけつけ、さらにギャラリーの方も大勢。可児本社に負けないくらいの賑やかなスタジオオープンとなりました。

写真

 町長は、御嵩はメディアへの露出が少ないわけではないが、あまり良い面が発信できていないので、このFMらら御嵩ミーモスタジオを拠点に、御嵩の良いところをどんどん発信していきたいとのこと。確かに...そうなんですよね。でも、御嵩もみたけ華寿司、みたけとんちゃん、そして古い街並みと魅力いっぱいですものね。可児や美濃加茂の人が御嵩にどんどん観光に、できれば名鉄広見線を使って来てくださるといいですよね。そのためにも、御嵩ミーモスタジオに課された使命は大きいですね。

写真

 特番フィナーレは、なんと可児・美濃加茂・御嵩が同時にしゃべるという3元放送。これはすごい試みです。複数の市町をカバーするコミュニティFM局というのも珍しい存在ですが、その市町全てに常設のスタジオを設置し、全てのスタジオを結んでの同時放送、これは感慨深かったです。コミュニティFMでも...できるんだ!という大きな地域の力を感じましたね。ただきっとその裏側で、回線のやりとりやミキシングは想像を絶する大変さがあったと思いますが...。

 ただひとつ残念なことは、御嵩ミーモスタジオでは建物内でのFMららの入感が悪いこと。エアーで番組の内容を確認しながらの放送だったのですが、肝心のそのエアーが雑音だらけ。車や屋外であれば問題は無いのですけどね。85MHzより上の周波数がこの地方も開放されることになりそうですし、今の周波数での増力が無理なら、周波数を変更してでも20wに...でも、76.8MHzで定着してるという側面もありますし、なんとか今のままでの20w化、さらに山間部ですから、電波の送信方式を垂直偏波にできるといいですね。もしくは、スマートフォンやパソコンでも聞けるようになると...。

写真

 御嵩ミーモスタジオからは、さとぽんさん、徳田ちゃん、可児さんが特番をお届け。このスタジオからの放送は、今のところ特番だけとなっていまして、次回放送は8月3日(土)の「よってりゃあ、みたけ~夢いろ街道宿場まつり~」の予定となっています。ただ今後は、このスタジオからの定期放送も計画されているとのことですので、期待です。3つ目のスタジオとなる「御嵩ミーモスタジオ」のオープンを伝えて、開局1周年の特別番組は終了しました。

写真

地域が育てるコミュニティFM

 番組中にもお話しましたが、いざという時、災害時に、県庁所在地ばかりの情報になってしまう広域局、県域局では伝えられないことを伝えるのが、この地域のコミュニティFMの存在意義です。豪雨が襲ったあの日、地元の情報を伝えるメディアはケーブルテレビのみで、移動中の車には全く地元の情報が入ってきませんでした。

 FMららは可児市、美濃加茂市、御嵩町、岐阜県中濃振興局と災害協定を結んでいますので、災害時は即座に各自治体から情報が入ります。また、FMららは停電時にも放送が続けられる設備となっていますから、どんな状況になっても、このエリアの方々に命を守る放送を届けられるようになっていて、電池で動くラジオさえあればそれを受け取ることができます。

写真

 しかし、コミュニティFMは民間企業です。災害時のためだけに放送をやっているわけではありませんし、慈善事業でもありません。収益をあげなければ存在し続けることはできないのです。残念ながら経営がうまくいかず、廃業を余儀なくされたコミュニテイFM局は二桁にのぼります。

 いざという時に力が発揮できるように、FMららが今後もこの地域のメディアとして存在し続けられるように、地域とともに歩む放送局として、頑張って欲しいですし、私も縁のある地域ですので、微力ながらこれからも関わらせていただければと思っています。

 ぜひ、岐阜中濃ではFM 76.8MHz。通常時は本当に個性のある尖がったバラエティ豊かな番組をお届けしていますので、一度聞いてみてください。

関連情報

FMらら (FMラインウェーブ株式会社)

FMらら御嵩ミーモスタジオ(岐阜・御嵩町)MAP

岐阜県可児郡御嵩町御嵩1437-1

スポンサーリンク


-トッピーの放送見聞録

Copyright© TOPPY.NET , 2017 AllRights Reserved.