あのころ名古屋圏

日本で2番目に古く あの1号店があったダイヤモンドシティが閉店へ 2005.6

記事公開日:

当時の様子(2005.6)

名古屋市西区にある、ダイヤモンドシティ・名西ショッピングセンターは、一目見てその建物に歴史があるとわかります。中に入ると天井が低い。歴史の生き字引ともいえるショッピングセンターが閉店します。

このショッピングセンターは、ジャスコと三菱商事が共同出資して誕生した「ダイヤモンドシティ」の2号店。オープンしたのは1970(S45)年6月のことでした。もちろん、ダイヤモンドとは、三菱のスリーダイヤモンドが由来ですね。

なんといっても、このショッピングセンターがすごいのは、日本初のケンタッキー・フライド・チキンの常設店舗が開設されたことです。ケンタッキーはアメリカのケンタッキーと三菱商事の合弁でしたから、ダイヤモンドシティに1号店というのはわかります。

しかし、そのケンタッキー1号店はすぐに閉店に追い込まれます。大阪万博での実験店は成功だったのですが、名古屋では不振でした。マクドナルドもない時代に、名古屋っ子が日本初の海外業態を受け入れることは、難しすぎたのかもしれません。

さらに面白いのは、このダイヤモンドシティ名西には、ジャスコとヤマナカが入居しているのですよね。他の地域では火花を散らしている食品スーパーどうしなのですが、かつては、ジャスコのなかにヤマナカというスタイルはあちこちにあり、ジャスコ瀬戸店も同じ形態でした。

2階にホームセンターのカーマが入居しているのも面白いものです。

2005(H17)年6月20日をもって閉店となり、35年弱の歴史に幕をおろしました。

あとがき(2020.1)

跡地には、イオンタウン名西が2013(H25)年9月にオープンしています。ブランクが8年と結構長いことかかりました。

その間に、ダイヤモンドシティという会社自体がイオンモールに吸収合併されました。

イオンタウン名西にはヤマナカは入っていません。食品スーパーは「マックスバリュグランド名西店」となっています。

関連情報


スポンサーリンク


-あのころ名古屋圏
-

Copyright© TOPPY.NET トッピーネット , 2020 AllRights Reserved.