あのころ名古屋圏

渥美半島の先で見る初日の出…国道は行き止まりじゃない? 2001.01

記事公開日:2020年1月1日

当時の様子

愛知県内のどこで初日の出を見るか…となると、思い浮かぶのは伊良湖岬です。深夜にもかかわらず交通渋滞が起きるほどの人気スポットですよね。もちろん立地条件のせいもありますが。

なぜなら、伊良湖岬は渥美半島の先っぽ。2つの国道、259号と42号どちらで行くか?という選択肢はありますが、先端の岬で初日の出を見ようという人たちの渋滞なわけですから、通り抜けるわけでもなくな感じになります。

渥美半島は田原町、赤羽根町、そして先端の渥美町から構成されていて、渥美半島と三重県は意外と近いんですよね。そもそも国道42号は浜松から鳥羽・伊勢・松阪を経て和歌山県へと至っているわけですからね。259号もそうなんです。

実は、国道としては42号も259号も先端で行き止まりなわけではなく、伊勢湾フェリーを航路として鳥羽に繋がっているんですね。「海の国道」です。

そういえば、ここに橋をかける構想ってありますよね…。

ところで初日の出ですが…。21世紀の幕開けの初日の出を見に行ったのですが、雲間に赤み…程度にしか見られませんでした。

あとがき(2020.1)

渥美半島の自治体も、田原市としてひとつになりました。渥美半島なんだから渥美町のほうの名前をとって、渥美市にしたほうが知名度を観光に行かせるのではないのか?という議論ありましたが、今は「渥美半島の田原市にある伊良湖岬」ですね。

いまだに、伊勢湾をまたぐ橋「伊勢湾口道路」は実現もしていませんし、工事の着工もしていませんね。1980年代は三重テレビの「週間県政ニュース」という番組のタイトル映像に、ここに橋がかかっているイラストがありましたが…。

いまではその計画を語られることすら無くなったような気もします。

三重県のサイトにはこのように今も書かれています。「この道路ができると、渥美半島や志摩半島の半島性が解消されます」

半島性は当事者からすると、解消したいもの、なのですね。

関連情報


スポンサーリンク


-あのころ名古屋圏
-

Copyright© TOPPY.NET トッピーネット , 2020 AllRights Reserved.