あのころ名古屋圏

コジマ 尾張地区2店舗目を激戦区小牧の駅前にオープン 2000.3

記事公開日:2019年12月23日

当時のレポート

2000(H12)年3月4日(土)、愛知県小牧市に「コジマNEW小牧店」がオープンしました。昨年(1999年)、東海地方第1号店となるNEW熱田店をオープンしてから半年、 尾張地方2店舗目の出店となります。

小牧にはすぐ横に「ヤマダ電機」も あり、競争激化は必至。オープン翌日に行きましたがすごい人でした。「オープンセールは3月9日まで、それ以降は価格が他のコジマと同じになるので、 今の値段のうちに買ってね」という店員さんの甘い声。

1,000円以上買い物をするとクジがひけるということで、 ビデオテープをたくさんを買ってクジをひくと、なんと3,000円の「現金」をゲットできました。

小牧はエイデン、ギガスカンサイ、コジマ、ヤマダ電機が近くにあり競争は 非常に激しい地域となりました。特にヤマダはすぐ横でありヤマダの中では 面積の小さい店舗なので、あえて弱い地域にぶつかってきたという感じがします。

あとがき(2019.12)

当時コジマがオープンしたのは、名鉄小牧線の小牧駅近くだったのですが、いまや小牧の駅前には家電量販店はみかけなくなりました。コジマはもう小牧にはありません。

ヤマダは小牧原駅近く旧41号沿いと、小牧駅から春日井へと抜ける道沿いの2店舗体制に。エイデンはエディオンに、ギガスカンサイはケーズデンキと名前を変えました。

車社会である尾張地域でありながらも、2000年当時は「郊外の駅前に家電量販店」という新規出店が相次いでいたのは意外な気がします。ただ、当時から地場チェーンのエイデンは郊外の幹線道路沿いへの出店を基本としており、ヤマダやコジマが「関東感覚」で出店をしてしまっていたという可能性も?

関連情報


スポンサーリンク


-あのころ名古屋圏
-

Copyright© TOPPY.NET トッピーネット , 2020 AllRights Reserved.