名古屋 東海あまのじゃくツアー

名古屋の守護神は学問とお金にご利益-山田天満宮

記事公開日:

 年初はやっぱり初詣から、ということで、今年は北区にある「名古屋三大天神」のひとつ、山田天満宮へと行ってきました。

 この神社は、名古屋城の鬼門である北東に、厄災を除く守護神として、また、尾張藩の学問祈願所として菅原道真公を祀って創建されたもので、名古屋の守護神でもあり、学問の神様として、信仰を集めています。さらに、ここが重要!なのですが、合祀されている金神社(こがねじんじゃ)は、福徳福銭のご利益がある、つまり、お金にご利益があるといわれています。

 名古屋の守護神で、学問の神様で、さらにはお金持ちになれるかも。ということで、意気込んで初詣へと出かけました。

写真

スポンサーリンク

名古屋三大天神のひとつ

 天神さんとは、菅原道真を祭った天満宮のことで、名古屋三大天神は中区錦の「桜天神社」と、千種区谷口の「上野天満宮」と、この山田天満宮です。

 山田天満宮の創建は、社殿によると1672(寛文12)年。尾張藩の二代藩主だった徳川光友が、時の将軍であった徳川家綱の文教の政治奨励に賛同する形で、太宰府天満宮から菅原道真公をの神霊を招いたことに始まります。

 でも、ただ学問の神様というだけの位置づけではないのです。

 光友は教育や学問の振興と同時に、寺社の再興など宗教を重んじた政治を行っていました。それを象徴しているのが、この山田天満宮の置かれた位置です。

写真

名古屋への災いをくいとめる

 山田天満宮が置かれたのは、名古屋城の北東。北東は陰陽道で、邪悪な鬼が出入りするとして嫌われた「鬼門」であり、そこに八方災難除けの守護神として置かれたのです。名古屋城といえば名古屋っ子の心の拠りどころ。つまりこの山田天満宮は、名古屋っ子に降りかかる災厄を水際で食い止めてくれているありがたい守護神なのです。

 自宅の鬼門を守ってくれる「きもんさん」を授与してくださるほか、菅原道真公の方向祈願牛が祀られていて、方向牛に願掛けをして、牛の頭を撫でると合格が成就するといわれています。

 また、社殿の前に鎮座する御神牛を撫でる「撫で牛祈願」も祈願成就にご利益があるそうです。しっかりしっかり撫でておきました。名古屋の北東に住んでる私はどうしたらいいの?と質問しつつ...。

写真

災いを幸せに替える

 山田天満宮では、鷽(うそ)を守護鳥として祀っています。これはその昔、ここで悪魔祓いの儀式が行われている時に、無数の蜂が参拝者を襲ったのですが、その際に鷽が蜂を食い尽くしてくれたことに由来します。

 毎年1月25日の午前11時と午後3時に行われる「うそ替え神事」は、1年の災いを幸せに替えるもので、鷽の鳥の形をしたお守りが配られ、参拝者同士で交換して持ち帰ることができます。

 そしてやはり、学問の神様ですから、筆供養もしてくださるほか、5月と12月には人形供養神事も行われています。

 私の場合、筆はここ何年も使っていません...。キーボード供養もしれくれるといいな。

写真

お金!商売!宝くじ!?

 天満宮にお願いをしたら、合祀されているもうひとつの神社にもお願いです。学問も災厄除けも大事だけど、やっぱり...お金も大事だよ~。というわけです。

 1983(S58)年に合祀された金神社は、1746(延喜3)年に福徳円満、商売繁盛、金運招福、街道往来の御神徳と御加護を願って祀られたもので、金明神の御神水でお金を洗い清めるとご利益があるといわれています。この日もその「銭洗い」の行列ができていました。毎年1月の3日と8日に行われる「初金祭」では、洗い清められた開運の5円玉が授与されます。

 しかもなんと、ここで宝くじを洗うと、当選のご利益もあるとのこと!今度は宝くじを持ってきますので、よろしくお願いします!

 あのー株券はダメですか?でも、株券電子化されちゃったら、洗えないなぁ...。

写真

招き猫&ダルマおみくじ

 お願いをしたらおみくじ、おみくじ。山田天満宮はおみくじもちょっと変わっていまして、招き猫おみくじ、ダルマおみくじといったものがあり、それぞれ小さな招き猫やダルマにおみくじが入っているものなのですが、両方とも既に販売終了となっていました...。

 ちょっと初詣が遅かったかな...。

写真

おみくじは血液型別

 すると、それぞれに御神像が入っている「開運招福御神像」と、「血液型おみくじ」があるではありませんか。こういう神社で血液型別というのも珍しいですね。というわけで、血液型おみくじをひいてみたら...あまり結果は良くありませんでした。ちょっと、お願いごとが多すぎたかな...。

 しかも、血液型おみくじには、血液型別の性格と、相性表のおまけつき。私と相方の相性は大吉ということで、まあそこはとりあえず良かったです。

 でも、相性だけじゃ...お金が無いと...ね。やっぱり今度、宝くじ持ってきます。

写真

 おみくじには、当面は良くないけど、将来的には良くなる「かも」という意の文言があったので、とりあえずは当面はがむしゃらに頑張れということなのでしょう。というわけで頑張ります。

 金神社に必ずお礼参りができますように!

 あ、その前にやっぱり宝くじを...。って、本業頑張れよ。自分。

関連情報

山田天満宮

山田天満宮(名古屋・北区)


スポンサーリンク


-名古屋, 東海あまのじゃくツアー
-

Copyright© TOPPY.NET -トッピーネット- , 2017 AllRights Reserved.