三河(東愛知) 東海あまのじゃくツアー

藤岡村に作られた愛知県緑化センターさすが日本庭園前の自販機は充実のお茶

記事公開日:2006年5月4日

写真

 大型連休いかがお過ごしですか?私はちょこちょこと仕事をしています。ドカンと大きな休みは、6月にでもとろうかなと計画しているところです...。しかし、昨日はあまりにも天気が良かったので、とある仕事の取材を兼ねて、豊田市の「愛知県緑化センター」へと、相方と愛犬と一緒に行ってきました。

 緑化センターではその名前のとおり苗木の販売などが行われている他、各種の庭園が整備されています。なかでも日本庭園には茶席のような休憩所が設置されていました。そこで見た茶席らしいものとは...。

藤岡村に整備された緑地公園

 愛知県緑化センターは、1976(S51)年に藤岡村(当時)に整備されたもので、48ヘクタールの面積を誇る公園です。猿投グリーンロード中山インターを降りたら、数分で駐車場に到着です。私たちが到着したのはお昼過ぎ。既に第1駐車場は満車でした。緑化センターの目玉は何といっても芝生広場。園内4ヵ所計2.6ヘクタールの芝生広場があります。

 本館前の芝生広場では脇に小川が流れていて、お子さん連れや、我々のような犬連れの人がたくさんいました。やんちゃなお子さんはやっぱりズブズブと小川の中へ。そしてウチのやんちゃな犬も小川を見るなりズブズブと水の中へ...。はぁ...車がよごれるのに...。

写真

愛知県とオーストラリアビクトリア州

 本館前芝生広場の北側には、オーストラリア原産の植物を使って再現された庭園が整備されています。入口にはオーストラリアと日本の国旗が掲げられています。このオーストラリア庭園は愛知県とオーストラリア・ビクトリア州の友好提携10周年を記念して1990(H2)年に作られたものだそうです。名古屋市とシドニーが姉妹都市なのは知っていましたが、愛知県とビクトリア州が提携関係だったとは。

 ちなみにシドニーのあるニューサウスウェールズ州は東京都と友好提携を結んでいます。何この微妙な関係は...コアラ誘致合戦の名残なのかな。

 さて、対して本館前芝生広場の南側には日本庭園が整備されています。日本庭園の池には芝生広場を流れていた小川から水が注ぎ込んでいます。この庭園は瀬戸内海の鷲羽山からの眺望をイメージして作られたもので、クロマツ、サツキ、ツツジなどが植え込まれています。回遊園路沿いにはサクラのプロムナードがあり、新緑が目に鮮やかでした。

写真

日本庭園を望む休憩所の自販機は…

 その日本庭園を望む場所に、まるで茶席のようなものを発見しました。見るとみなさん何やら飲み物を飲んで休憩されています。ひょっとしてお茶を楽しめるのかな?と思い、休憩所に行ってみます。ところが、売店らしきものは見当たりません。おかしいなぁと見渡すと、そこには2台の自動販売機が。紙コップタイプの普通のものです。

「茶席みたいな風情なのにただの休憩所か...。」と思いつつ自販機を見直すと、そこには普通の自販機では見られないような様々な種類のお茶が用意されていました。ちゃんと配慮していたのですね。失礼しました。

 せっかくなので暖かいお茶...という思いがほんの一瞬だけ頭をかすめたのですが、強い日差しと汗ばむ陽気に負け、ラムネを買いました。

写真

日本庭園に注ぐ水はヨーロッパから?

 この日本庭園へと注ぎ込む小川の水はどこから流れてくるのか、源流をたどってみることにしました。小川は芝生広場の北側から流れています。すると本館北側に、水の流れる大きな音がする場所を発見しました。人工滝「カスケード」です。この人工滝は総延長120メートル、高低差17.5メートルを誇るもので、滝と本館の間にはインド産のサンドストーンが敷きつめられ、まるでヨーロッパの庭園(パンフレットによると)が形成されています。

ヨーロッパの庭園かどうかは私たちにはよくわかりませんでしたが、とりあえずマイナスイオンを吸収してきました。

写真

緑化相談もできます

 他にも園内には160種類の山野草が植えられているロックガーデンや、花木展示林などが整備されています。また、苗の広場には緑化相談コーナーが設けられており、相談員が緑化に関することならなんでも答えてくれます。

 いつかは、こういった相談コーナーに相談できるほどの庭がある家に住んでみたいものだなぁと、無謀な夢を抱きつつ家路に就きました。緑化センターの北側には野鳥観察やバーベキュー、フィールドアスレチック施設のある昭和の森も併設されています。

 この緑化センターは総じて施設が古く、建物やトイレなどに昭和50年代をリアルに感じることができる点も私は好きです。幼い頃に親に連れられて行った施設、特にここと同じく県の施設だった青少年公園を見ているようで懐かしさを感じることが私にはできます...。

 そんな楽しみ方をする変な人は少ないと思いますが、お試しください緑化センター。

関連情報

愛知県緑化センター

愛知県緑化センター(愛知・豊田市)MAP

愛知県緑化センター

スポンサーリンク


-三河(東愛知), 東海あまのじゃくツアー
-

Copyright© TOPPY.NET トッピーネット , 2017 AllRights Reserved.