21.はるかカナダ あまのじゃくツアースペシャル

イライラする日はやっぱりあるよね-バーガーキング

記事公開日:2004年5月20日

イラストフォト

 キャピラノ吊橋を満喫していたら、時刻は午前11時半になってしまいました。次はこのノースバンクバーから反対に、ダウンタウンの南側にあるクイーンエリザベス公園(Queen Elizabeth Park)へと向かいます。キャピラノ吊橋公園の前にあるバス停を見ると、こことダウンタウンを結ぶ路線は朝・夕のラッシュアワーのみでこの時間は運行が無いことがわかりました。

 ですので一度ウエストバンクーバー行きに乗り、相方が迷ったショッピングモール近くのバス停でダウンタウン行きに乗り換えます。

スポンサーリンク

バンクーバー美術館

 ダウンタウンに戻り、クイーンエリザベス公園に向かうバスに乗り換えるのですが、もうお昼が近いので、外国人夫婦に言われたとおりお昼ご飯を買いつつ、ダウンタウンの名所もチラッと見つつバスを乗り換えます。まず向かったのがロブソン通りとホーンビー通りの角にあるバンクーバー美術館 (Vancouver Aet Gallery)です。

写真
▲70年もの間裁判所として使用された、バンクーバー美術館。

 残念ながら美術館には入らなかったのですが、1階のショップには自由に入ることができました。画集や絵葉書、Tシャツなどが売られていました。バンクーバー美術館は、建物自体も古く見る価値があります。もとは裁判所として使われていたもので、ネオクラシック様式となっています。展示品はエミリー・カーなどカナダを代表する画家によるものが多く、約7000点もの肖像画、風景画、工芸品などが展示されています。

写真
▲美術館前の噴水は勢いがよく、周囲に飛び散ります。

 そして先日トイレを借りに訪れたパシフィックセンターを通り、バーガーキングへと向かいます。ハンバーガーをテイクアウトで買って、エリザベス公園で食べようというわけです。バーガーキングには以前、ロサンゼルスで訪れたことがありハンバーガーやドリンクの大きさに驚かされました。今回はそれを踏まえつつ、メニューを選ぶことにします。

写真
▲バーガーキングでテイクアウトしようとしたら...。

バーガーキング

 ちょうど昼食時ということもあり、バーガーキングの店内にはずらっと買い求める人達が並んでいます。カウンターも4つフル回転。店員さんもテキパキ働いています。と言いたいところですが、カナディアンにしてはテキパキしているという感じで、日本人ほど機敏ではありません。

 しかし、相方はその中で一人、態度の悪い女性の店員さんを発見しました。客対応もぞんざいで、なおかつハンバーガーやポテトは袋に投げ入れる始末。あそこのカウンターだけにはなりたくないなーと祈りつつ行列を進んでいきます。

 行列は日本の銀行のATMなどと同じようで、いわゆるフォーク待ちです。ですので空いたカウンターへと次々進んでいきます。しかし「そうならないといいな。」と思っているとなってしまうもので、私達が行列の先頭になった時、ちょうどその例のぞんざいな店員さんの前が空いてしまいました。その女性はいかにも面倒くさそうに「こっちこっち」と私達を手招きします。

 ここはマクドナルドではないことはわかっています。ですので「スマイル0円」いや、「Smile $0」という表示もありません。それどころか「いらっしゃいませ」もありません。セットを2つ注文すると、やはり袋にハンバーガーとポテトを投げ込みます。

 嫌な気分になりつつ2階のトイレを借ります。トイレの入口には「お客様以外の利用を禁止します」と書いてあります。こちらは本当にトイレ事情が悪い。それはやはりトイレは犯罪の温床になるという発想が強いからだそうです。これが後々私に試練を与えることになります。

 日本のマクドナルドですと、ドリンクには底を固定する箱状のものが入っていますが、当然カナダにはそんな繊細なサービスはありません。ジュースをこぼさないように、水平を保ちながら慎重に歩きます。そしてバスに乗りクイーンエリザベス公園に向かいます。結構距離が離れているので時間がかかります。ジュースの氷が溶けてやしないかと心配しながら、なおかつ水平を保ちつつで、腕が疲れてしまいました。

 公園に到着してすぐ、芝生に座りハンバーガーを食べます。袋を開いてビックリ。ハンバーガー間違ってるじゃん。あの店員さん本当に仕事テキトーだなぁ。でも高いハンバーガーに間違えられてたからまあいいか。イライラする日だったのかな。

 女性のイライラと言えばちなみにですが、カナダの生理用品はやはり日本よりも作りがイマイチなのだそうです。具体的にどうなのかは私にはわかりませんが、とにかく使い心地が良くないそうです。ですので、生理用品だけは日本から持っていったり、送ってもらっている人が多いそうです。

 ちょっと話が飛んでしまいましたね。でも、女性にとっては重要なことですから、情報としてお伝えしました。あくまでも一般論です。私自身が感じたことでは、トイレットペーパーにしても結構肌触りが違いましたから、いかに日本の製品が繊細にできているかが改めてわかりました。

バーガーキング(ブリティッシュコロンビア州)MAP

49.281874, -123.124410


スポンサーリンク


-21.はるかカナダ, あまのじゃくツアースペシャル
-

Copyright© TOPPY.NET トッピーネット , 2017 AllRights Reserved.