21.はるかカナダ あまのじゃくツアースペシャル

おみやげにダメ出し...そりゃそうだ-Fruit & Garden Center

記事公開日:2004年5月18日

イラストフォト

 レイクルイーズを越えて、ヨーホー国立公園に入ったところでアルバータ州からブリティッシュ・コロンビア州に戻っていたのですが、ようやくここで時差を戻します。センターを出たのは9時25分でしたが8時25分になります。ということは今日は1日が25時間です。なぜ昨日時差を戻さなかったのかな、と思ったのですが、こうすることで実質今朝は7時にホテルを出発していることになります。

ペドロ・ゴンザレス・フルーツガーデンセンター

 5時起床の7時出発だと、早過ぎる!という感じがしますが、8時に出発して1時間時計を戻すとそんな感じはしません。人間の感覚とは不思議なものです。予定ではバンクーバー到着は午後5時、これから8時間半のドライブです。

 バスは相変わらず静かに走り続けます。2時間半ほど走ったところで休憩を取ります。サーモンアーム(Salmon Arm)という小さな町にある、ペドロ・ゴンザレス・フルーツガーデンセンター(Pedro Gonzales Fruit & Garden Center)です。様々なフルーツが山積みになっているほか、ガーデニング用品が売られています。

写真
▲高速道路沿いに大きな看板を発見!

 店員さんは愛想がよく、買物をした人に「Have a nice day」と声を掛けています。すると、女性が植物を育てるキットをレジに持っていきました。何の植物かはわかりませんでしたが家庭菜園でも始めるつもりでしょうか。精算を済ませると、そのレジの店員さんは「Have a nice plant!」と言うではありませんか。何て粋なんでしょう。

 すると相方は、何か見つけたようです。

「こんなポテトチップは初めて見た。」

 と喜んでいます。マイルドソルトやスパイシーなどいろいろな味があります。相方が買うと、ガイドさんが寄ってきてこう言いました。

「そんなチップじゃなくて、ここへ来たらフルーツチップを買わなきゃ。」

 と、リンゴの輪切りがそのまま乾燥されたチップを指さしました。確かに、フルーツガーデンなのですから、なぜここでポテトチップなんだ...とガイドさんは思ったのでしょう。相方は結局ポテトチップとリンゴチップの両方を買いました。

「だってこのポテトチップ珍しかったんだもん。」

 と、相方はダメ出しされたことにちょっと怒っていましたが、バンクーバーに戻った後に普通に売られているのを発見し、納得したのでした。フルーツを使ったアイスクリームも人気とのことでしたが、私達はチョコミントのアイスクリームを買いました。なんて天邪鬼なんだと思われるかもしれませんが、食べたかったのですから仕方がありません。チョコミントのアイスは美味しかったのですが、コーンがイマイチでした。

写真
▲フルーツガーデンセンターです。駐車場も広い!

 するとガイドさんはたくさんの桃を買っています。お土産にしては多すぎるだろうと思っていると、ツアーのお客全員に配り始めました。どうやらサービスのようです。運転が大変なのはガイドさんなのに心配りが嬉しかったですね。バスに戻るとガイドさんがお昼ご飯の話をし始めました。

「昼食は日本・韓国・中国料理が混ざった弁当です。」

 また想像のつかないメニューの登場です。少し不安ではありましたがこれがツアー最後の食事。こうなったらどんと来いです。バスはトランス・カナダ・ハイウェイ1号線をひたすら走ります。大陸横断鉄道と並行しているので時折列車を見ることができます。相変わらずの超連結貨物列車で、全長は絶対に1km以上あります。

「昼食を食べたら大きなバスに変わります。」

 ガイドさんはまたわけのわからないことを言い始めました。そこで運転手も交代ということなのでしょうか。それは少し残念かもと思いつつ、夢の中へと落ちていきました。

写真
▲特にリンゴが有名なんだって。そりゃリンゴチップ買わなきゃ。

ペドロ・ゴンザレス・フルーツガーデンセンター(ブリティッシュコロンビア州)MAP

50.692009, -119.324658


スポンサーリンク


-21.はるかカナダ, あまのじゃくツアースペシャル
-

Copyright© TOPPY.NET トッピーネット , 2017 AllRights Reserved.