21.はるかカナダ あまのじゃくツアースペシャル

へぇ~そこまでやるんだ...-ソウルカントリーレストラン

記事公開日:

イラストフォト

スポンサーリンク

ソウル・カントリー・レストラン

 正午前、ガイドさんがやってきました。とりあえず店に入りましょうと連れて行かれたのはやはり「ソウル・カントリー・レストラン(Seoul Counrty Korean Restrant)」です。本格韓国焼肉という文字が目に入ります。今度はどんな韓国料理なのだろうか。と考えているとガイドさんは意外なことを言い出しました。

「今日の昼食は、日本料理と韓国料理をミックスしたすきやきのような鍋です。」

 どうやら、ガイドさんは我々日本人に気を遣ってくれたようです。しかしすきやきの韓国風...全く想像ができません。席に座ると既に鍋が用意されており、鍋には、肉、野菜、豆腐が醤油ベースのつゆに浸されています。生卵も落としてあります。つゆを味見してみるとこれが甘い。すき焼き風味の寄せ鍋といったところでしょうか。もちろん、サイドメニューには様々な種類のキムチが並べられます。もはや肉の心配などすっかり頭から消え、さっそくいただきます。しかし何とも微妙な味です。向かいに座った、韓国人カップルも同じように微妙な顔つきです。日本と韓国の味の融合はどうやらどちらにもあまり受けは良くないようです。

 すると、別のテーブルに座っていた、昨日韓国のバラエティー番組が見たいと主張していた女の子が店員に何やら注文をつけています。しばらくすると店員さんは、食べ放題であるご飯とキムチ各種を大量に運んできました。そのテーブルは韓国人の女の子ふたりと、韓国人夫婦が座っていました。どうやら鍋は食べ終わったようで、何かを始めようとしています。彼女は勢いよくご飯とキムチを空いた鍋に入れると、キムチチャーハンを作り始めたのです。私たちはその行動に驚きを隠せませんでした。

 たぶん、日本風すき焼き鍋が気に入らなかったのでしょう。口直しに、自分達で本格的な韓国チャーハンを作ろうと考えたのだと思います。もちろん、お腹が満足できなかったというのもあるのでしょうけど、レストランで食べ放題のものを使って、自分達で調理をし始めるとはもう韓国人パワーに圧倒されまくりです。本当にキムチ料理が大好きなんですね。しかしそこまでやるのか...。

 バスは午後1時に出発の予定なので、食事を終えてもう少しバンフを歩きます。すると相方は、チョコリンゴがやっぱり買いたいと言いだしました。見るとチョコリンゴのお店には、体格の立派なお兄さん達が行列を作っています。ちょっと怖そうな風貌ですが、チョコリンゴを買うために並んでいるので怖くありません。日本では和菓子洋菓子問わず、男性がお菓子屋さんで行列を作る姿というのはあまり見かけないのでちょっと面白かったです。

写真 s 写真 s 写真
▲ソウルレストラン。やっぱり首都の名前をつけるのがオーソドックス? ▲日韓融合すきやき。とても微妙なことになっています。 ▲チョコリンゴは一番上に並べられています。

バンフを後にします

 このチョコリンゴ、ものすごく甘い香りを漂わせています。一つだけ買い、相方は美味しそうに頬張っています。「食べる?」と聞いてきたので一口食べたのですが、これが歯にしみそうなくらいに甘い。でも中のリンゴはさっぱりしていて美味しい。自然とリンゴばかりをほじくって食べていたら、「そういう食べ方をする人にはあげません。」と言われて取り上げられてしまいました。しかし、こんなに甘いチョコレートは初めてでした。あのヒゲをはやした怖そうなお兄さんたちは、一人一個これを買っていったから、やっぱり甘いものが好きなんだなぁと実感します。

 午後1時バスに戻ります。今日は朝から「フェイス・オフ」という映画をバス内で見ていました。相方にあらすじを聞いていたので、英語ではあったものの私も何とか理解できていたので、ずっと見ていました。さて、続きはどんなんかなと思っていると、昨日から強烈な主張を放ち続ける例の韓国人女性が、韓国のバラエティー番組を見たいと言い始めました。これにはさすがに相方もブチ切れです。

「まだ映画途中だろうが、終わってからにしろよ。」

 と、日本語で言ったところでその子には通じていないでしょうけれども。ガイドさんもそれはわかったのか、乗客にアンケートをとります。予想どおり、フェイス・オフの続きが見たいと言う人の方が多く、韓国バラエティーは映画が終わってからになりました。

「もう少し考えて欲しいよね。」

 と、私が相方に話し掛けると相方は意外な返事しました。

「でも、自己主張の強さは見習ったほうがいいよ、あなたの場合。引っ込み思案そろそろ治したら?」

 なんで怒られなきゃいけないんだろう...。イライラしてたんだろうな...。

写真 s 写真 s 写真
▲さすがロッキーを代表する観光都市、街頭ひとつ見てもオシャレ。 ▲街は小さく、すぐに山並みが迫ります。 ▲低い山は雪が溶けてしまってますね。

ソウル・カントリー・コリアン・レストラン(アルバータ州)


より大きな地図で カナダ を表示


スポンサーリンク


-21.はるかカナダ, あまのじゃくツアースペシャル
-

Copyright© TOPPY.NET -トッピーネット- , 2017 AllRights Reserved.