01.ぶらり関東 あまのじゃくツアースペシャル

出産直前のパンダのシンシン見てきました!

記事公開日:

★シンシンのかわいさは異常
★リーリーは動き回る一方でシンシンは?
★奥のほうにいたー!

 6月末、東京に行ってきたのですが、その目的の半分以上は、パンダのシンシンであったといっても過言ではありません。といっても、妊娠していることがわかったから行ったわけではなく、前々からずっと見に行きたいと思っていたのです。

 自分の行動を振り返ると、どうやら自分、かなりパンダが好きなようです。

写真

スポンサーリンク

東京に行ったら上野に行ってしまう...

 初めてパンダを見たのは、中学校の修学旅行でした。そもそも、その時が人生初の東京。東京での見学コースは自分たちで組むことができまして、自分は「絶対にパンダが見たい!」と主張したことを覚えています。

 最近では、今からちょうど5年前の2007(H19)年に、ひとりで上野動物園に行って、リンリンをじーっと眺めたことを記憶しています。雨の日で、パンダ舎は閑散としていて、ほぼパンダひとり占め状態でした。リンリンは床にべちゃーっと寝転んでいて、その愛くるしい表情を見ることはできませんでしたが、パンダってそんなところもいいですよね。雨の日だったから余計かもしれませんけどね。

 しかしリンリンはその翌年、あの世に旅立ってしまいます。

写真

妊娠の発表でひょっとして...

 リンリンが死んでから2年10か月。上野動物園にパンダがやってくることになりました。それが今いる、オスのリーリーとメスのシンシンです。2011(H23)年4月より公開がはじまり、自分はこのニュースをテレビで見たとき、衝撃が走りました。その衝撃とは、シンシンのかわいさです。

 パンダというのは、目の周りの黒い模様がかわいいだけで、その奥にある瞳が結構怖いと言われることも多く、最近ようやく、DNAの分析によってクマの仲間であるということがわかったことからも、よく見ると、目つきは鋭いパンダが多いものです。

 しかしです。シンシンは目がかわいいんです。これまで見たどのパンダよりもかわいくて、「今度東京に行ったら、絶対にシンシンを見に行こう」と決めていたのです。

 そしてようやく、この6月末に東京に行けることとなり、上野動物園にも行くぞ!と計画を立てていたところで、シンシンの妊娠がわかり、7月3日から公開を中止するというニュース。ぎりぎりセーフ!と思っていたのですが...。

 そして、いよいよ、6月28日(木)にやってきました上野動物園。入口やおみやげ店はもうパンダ・パンダ・パンダ。パンダ一色です。

写真

リーリーが元気!

 ジャイアントパンダのコーナーに行きますと、パンダは屋外にいるということで、そちらへ。すると、オスのリーリーがやたらと動き回っています。こんなに動いてるパンダを見たのは初めてです。

 あっちへいったり、こっちへいったり、水を飲んだり、のぼったり。曇天で暗かったこともあり、写真に収めるのが至難の業。多くの人たちが立ち止まってカメラを構え続けていました。リーリーはいいのですけど、...シンシンの姿が無いんです。

写真

 すると張り紙が。「シンシンは、出産に備えて奥の部屋に入る練習を始めました。そのためシンシンの姿が見えない場合があります。」

 ええっ。

 ええっと言っても、どうしようもないので、見られるまで粘ってみよう...ということで、しばらくの間、今はやっぱりパンダくんといえばシロクマくん。ということで、シロクマのデーンとした姿を見てまたまた癒されて、再びパンダ舎へ。

写真

リーリーのやんちゃぶりもいいね

 パンダ舎に行くと、「これよりパンダは2頭とも室内に入ります~」との声。え?「2頭とも」ってことは...と期待しますが、やはりパンダの姿はリーリーだけ。

写真

 室内でもリーリーは元気。手にした笹をバクバク食べます。時には口でガーっと引っ張ったり、むしゃむしゃ食べたり。その全てを、ダラーっとした体勢でやってくれるのが、これまたたまりません。リーリーもかわいいなあ...と思いつつも、でもやっぱり...という思いが募ります。

写真

シンシンいた!

 すると一見、誰もいないはずのシンシンの部屋の前で、一人の女性が熱心にカメラを構えているではありませんか。そのレンズの先を見ると、そこには小さく、奥の部屋への小窓が。同じように自分もカメラを構えてみると...。

 シンシンがいました!遠目に見てもやっぱりかわいい!このときは、かわいい~という思いよりも、がんばれ~という気になりましたね。妊娠中のシンシンを見ることができてよかったです。

写真

 そして7月5日、シンシンは赤ちゃんを出産しました。今回、上野動物園でパンダの赤ちゃんが産まれるのは24年ぶり。しかも、これまでは人工授精で、自然交配で赤ちゃんが産まれるのは初めてとのこと。これは本当におめでたいですね。

 実はパンダというのは、そっちの方も草食で、オスはまさに草食男子なのだそうです。そのため中国では、パンダ用のアダルトビデオを見せて、オスをその気にさせて繁殖を促しているという話も聞きます。

 なのになぜ今回、こんなにスムーズに妊娠したのか。でも、それ、わかる気がします。だって、シンシンのかわいさは異常ですから。往復の新幹線代を払ってでも、わざわざ見に行きたいと思い、行った人間もここにいるくらいです。

 赤ちゃんパンダの公開、楽しみですね。すごい人になりますよねきっと。あのかわいいシンシンが赤ちゃんを抱っこしてるところとか実際に見たら、鼻血でそう。

 東京では、そんなパンダのキャラクターとシロクマくんが大人気のアニメの催事にも行ってきましたので、それはまた次回レポートします。

関連リンク

上野動物園

オススメリンク

かわいいパンダグッズ大特集!

東京都恩賜上野動物園(東京・台東区)


スポンサーリンク


-01.ぶらり関東, あまのじゃくツアースペシャル
-

Copyright© TOPPY.NET -トッピーネット- , 2017 AllRights Reserved.