03.ぶらり関西 あまのじゃくツアースペシャル

大河ドラマ50作&フィギュア・ラジオのサテスタ発見-長浜

記事公開日:2011年10月24日

写真

★大河ドラマ50作をふりかえり
★フィギュアの歴史を体感して
★さあ姫に案内され長浜の街へ繰り出しサテスタ発見

 今年のNHK大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」を記念して、滋賀県湖北エリアで12月4日まで開催されています「江・浅井三姉妹博覧会」。トッピーネットではこれまで「小谷会場・江のふるさと館」と「浅井会場・江のドラマ館」をご紹介しました。

 今回は、残るもうひとつの会場「長浜黒壁・歴史ドラマ50作館」をきっかけに、長浜散策&食べ歩き、そしておとなり米原市醒井峡谷にある、楽しくておいしいけど...なスポットをまわってきましたので、3回に渡ってレポートします。

 まずは、長浜の中心部にGO!です。

外観は廃墟感すら漂うショッピングセンター

 長浜の中心部といえば「黒壁スクエア」です。私たちが以前訪れたのは、10年以上前ということもあって、抱いていた記憶よりも垢抜け、さらなる観光地化がなされている印象を受けました。そんな黒壁スクエアの黒漆喰の建物を見ながら、「江・浅井三姉妹博覧会」の長浜黒壁会場に向かうと...。

 入口こそ、それらしくハリボテが作ってあるものの、建物はどう見ても、一昔前のショッピングセンタービル。錆び錆びになっている部分もあり、廃墟感すら漂い、少し不安に。

 でも、それは外観だけで、中は大丈夫でした。1階にはさまざまな長浜土産のショップが入っており、博覧会の展示は2階にありました。

写真

「歴史ドラマ」って...これ公式じゃないの?

 展示内容については撮影できないので、写真ではご紹介できませんが、簡単に言いますと、「歴史ドラマにも、歴史あり。」ということで、50年に渡るNHKの大河ドラマを振り返るというものです。

 ただ、その扱いは平等ではなく、舞台に少しでも滋賀県・北近江が関連しているものだけが大きく取り上げられ、そのほかは年表でちょちょっとという感じでした。まあ、場所を考えれば当然なわけですけれども。

 展示内容は順に「北近江作品展示」「衣装展示」「秀吉関連展示」「作品マップ展示」「北近江作品オリジナル映像シアター」「大河ドラマ50作年表」となっていました。

 大河ドラマをよく見てきた相方は「ああこの作品!」と、紹介を見るたびにそれぞれの作品を見て思い出すようで、楽しめた感がありました。

 あとは、余談になりますが、大河ドラマ50作年表には「その他放送界の出来事」という欄が興味深かったですね。NHK以外の民放についての記述で最初に出てきたのが「サンテレビが初のプロ野球完全中継」という偏り具合が...。

 それにしても、なぜ「歴史ドラマ50作館」なのでしょうかね?「大河ドラマ50作館」には出来なかった何か理由でもあるのでしょうか。NHKの許諾...は、もちろんとってるでしょうしね。どーもくんや「大河ドラマ50」なんてロゴも使ってるわけで。ナゾでした。

 江・浅井三姉妹博覧会は、12月4日までの開催です。

フィギュアミュージアムもあります

 さて、このビルにはショップのほかにミュージアムがありまして、こちらは常設となっています。「海洋堂フィギュアミュージアム黒壁・龍遊館」です。

 アーケード側の入口には、「北斗の拳」のケンシロウ等身大フィギュアがあり、通りがかる人が皆、記念写真を撮っていました。また、上部には迫力のレッドドラゴンも。

写真

 このミュージアムの入館料は大人800円・小人500円となっていまして、入館すると「入館プレゼントフィギュア」がもらえます。入口にはそのフィギュアがずらりと並べられていますが、どれがもらえるかは、ガチャガチャ次第です。

写真

入館しなくてもショップには入れます

 ミュージアム自体は2階にあるのですが、1階にはミュージアムショップとエントランスがあり、そこまでは、入館しなくても入ることができます。

写真

 その1階にも、フィギュアや食玩などが結構展示されており、これぞフィギュアというものから、「あー、そんな食玩あったよね」なんて懐かしめるものまで、海洋堂製品の幅広さを実感することができます。モリゾーとキッコロもいました。

写真

お姫さま、どう呼んだらいいの?

 大河ドラマの歴史と、海洋堂のフィギュアの歴史。その接点を何とか見つけようかと思ったのですが、どうにも結びつかないので、長浜の黒壁スクエア・アーケードに繰り出したいと思います。

 案内してくれるのは、「長浜の観光をおしえまぁ~ス。」のあんない姫ッス。何が気になったって、この「あんない姫ッス」をどう読んだらいいのかということです。「あんないひめっす?」「あんないきっす?」それとも「PRINCESS!」なんてアルファベットが入ってるってことはまさかの「あんないプリンセッス?」

写真

近江発京滋エリア

 オチも見当たらないままぶらぶらしていると、「土田金物店」という歴史がありそうな店構えのお店が。そこにはいくつもの看板が掲げられていて「KBS京都Radioサテライトスタジオ」「BBC長浜プラザ」の文字も。もちろん、BBCといってもイギリスではありません。ここは滋賀県。びわ湖放送(Biwako Broadcasting Co., Ltd.)です。

 KBS京都ラジオで毎週日曜午前11時から放送されている「鋭ちゃん順子のさざなBeゲーション」はここから放送されているんですね。「KBS京都1143KHz」「KBS滋賀1215KHz」と、京都と滋賀の両方の周波数が看板に記載されています。

 KBS滋賀...。そういえば、昔はKBS京都のラジオって、京都と滋賀で全然違う番組を放送していたんですよね。それも2009(H21)年3月まで。今は、滋賀発の番組は残っているものの、滋賀単独のラジオ番組というのは、特別番組しかないみたいですね。

 なんだか、本当にとりとめのない記事になってしまいました。困ったなぁ。そうだ、困った時はグルメです。というわけで、次回は長浜グルメ満喫。あれこれ食べ歩きをしてみたいと思います。

「何だこの赤いこんにゃくは」
「見た目こってりなそうめんの味は」
「芋きんも三姉妹」

 以上の3本です。お楽しみに。

関連情報

江・浅井三姉妹博覧会
海洋堂フィギュアミュージアム黒壁

取材協力

・樋口正孝さん

長浜POWビル(滋賀・長浜市)MAP

長浜POWビル

スポンサーリンク


-03.ぶらり関西, あまのじゃくツアースペシャル
-

Copyright© TOPPY.NET トッピーネット , 2017 AllRights Reserved.