11.物語の現場へ あまのじゃくツアースペシャル

ムーミンと一緒に食事できるけど席が...-ムーミンカフェ

記事公開日:2007年7月6日

写真

 前回は、ムーミンの世界を表現した埼玉県飯能市のあけぼの子どもの森公園をご紹介しました。ムーミンの世界の雰囲気を味わうのもいいけど、やっぱりムーミンと一緒に北欧料理が食べたい、そんな願いを叶えてくれるのが、東京ドームシティラクーアにある「ムーミンベーカリー&カフェ」です。このお店のほかにも、ららぽーと横浜とキャナルシティ博多にもお店を構えています。

 JR水道橋駅を降りて、野球の歓声が聞こえる東京ドーム方向へと歩きます。ムーミンと一緒に食事をするためには、ドラゴンズファンの私としては何とも嫌な感じのするこの空間を通り抜けなければなりません。

スポンサーリンク

 東京ドーム周辺は木々が緑色にライトアップされておりとても鮮やかです。東京ドームへは、かつて中学生時代に修学旅行で一度訪れたことがありますが、ここで野球観戦をしたことはありません。この日巨人はロッテと試合をしていました。ちらっと横目で覗くと外からドーム内の様子がわかるんですね。こんな構造になっているとは思いませんでした。

 東京ドームシティにはさまざまな店があり、時間になるとライトアップされた噴水ショーなんかもあり賑やか。イオンしか無いナゴヤドームとは大違いです。いや、ナゴヤドームの場合はイオンができただけでも涙が出るほど嬉しいです。イオンができるまでは試合観戦後、コーヒーを飲む場所すらなかったのですから。東京ドームシティは名古屋に例えるとアスナル金山みたいな感じで、屋根の無い空間にお店がいっぱい立ち並んでいます。

 その一角にあるのが、ムーミンベーカリー&カフェです。店先では大きなムーミンのぬいぐるみがお出迎え。それで驚いてはいけません。

写真

 店に入ると、天井にはカヌーに乗ったムーミンの姿が。そして店内の座席の至る所にムーミンやムーミンパパが座っていたりします。そんななかとってもおかしな光景が。4人席に男性2人、女性2人の4人組が座っていたのですが、なぜか男性1人がお誕生日席なのです。なぜなら、座席のひとつにムーミンパパが座っているからです。ムーミンパパがちゃんとした席に座って、サラリーマンがお誕生日席。何ともほほえましい光景です。

写真

 このお店にいるムーミンキャラクターは、ぬいぐるみだけではありません。なんとナイフやフォークの先にはムーミンパパやムーミンママが。パンを取るトングはニョロニョロになっています。これらは店頭で販売されています。そうそう、店内外にはその日のメニューやおすすめドリンクなどが書かれている黒板があるのですが、そのチョークアートがすごいんです。ミーやニョロニョロが立体的に描かれていてビックリ。絵心のある店員さんがいらっしゃるのでしょうね。

写真

 その黒板に書かれている「今日の北欧料理」と、このお店一番人気の「ムーミンのオムライス」を注文してみました。今日の北欧料理は4品が少しずつプレートに乗っかっていて、この日は、甘さが不思議な「スニフの肉だんご」と、さっぱりとした口当たりの「サーモンのトマト煮」「ニシンのマリネ」。そして何層にも重なり合ってほんわかな「じゃがいもの重ね焼き」でした。確かに、これまであまり口にしたことのない味わいでした。これがフィンランドなのね。

写真

 そして一番人気は「ムーミンのオムライス」。何が人気かって、オムライスにケチャップでムーミンが描かれているのです。とってもかわいい。そしてオムライスには2種類のソースがかかっているのですが、これが見た目と逆。茶色い方は甘くて、白い方が辛いのです。これ、お子さんだったら大喜びでしょうね。私たちも大喜びで、私はデジカメ、相方は写メールで撮影しているうちに、ちょっと冷めてしまったのはご愛嬌。

写真

 お腹も満足したところで、最後にデザートを注文することに。ムーミンママがパパとムーミンとフローレンに飲み物を注いでいるイラストが描かれている「本日のデザートリスト」をパラパラとめくっていたら、ティラミスが目にとまりました。なぜなら「サクサクとした食感に秘密がある」と書いてあったからです。

 ティラミスはコーヒーとセットで945円です。コーヒーにはシナモンのクッキーが添えられていたのが嬉しかった。コーヒーにおつまみサービスって名古屋みたい。そしてティラミスです。口にすると確かにサクサク。でも、それ以上に口の中に訪れたのは甘さです。ものすごく甘いんです。こんなティラミスは初めて。コーヒーととっても合いました。

写真

 このお店はベーカリー&カフェですから、食事だけでなく北欧のパンを買うこともできます。そして先ほどご紹介しましたとおり、キャラクターのスプーンやバターナイフ、そしてニョロニョロのソルト&ペッパーなんてものも。もちろんたくさんのムーミングッズも販売されています。スナフキンやスティンキーのグッズも。

 でもやっぱりせっかくここまで来たら、食事がしたいですよね。

 私たちは2人席だったので、残念ながらムーミンたちと同席することはできませんでしたが、お子様連れの家族ならムーミンと一緒に楽しい食事のひと時を過ごせることでしょう。でも、4人家族だったら、4人席にボクとワタシとママとムーミンで座って...パパはお誕生日席で我慢してね。

関連情報

ムーミンベーカリー&カフェ

ムーミンベーカリー&カフェ(東京・文京区)MAP

ムーミンベーカリー&カフェ

スポンサーリンク


-11.物語の現場へ, あまのじゃくツアースペシャル
-

Copyright© TOPPY.NET , 2017 AllRights Reserved.