NAGOYANOW NOWレポート

彼はなぜドルをばら撒いたのか・名古屋テレビ塔ドル紙幣バラマキ騒動

記事公開日:2003年12月27日

写真
▲ドルがばら撒かれた名古屋テレビ塔。クリスマス直前...。

 2003(H15)年12月23日の夕方、18時45分のNHKニュースを見ていますと、トップでこんなニュースが飛び込んできました。

-何者かが、大量の紙幣を名古屋テレビ塔からばら撒いています。

 NHKのお天気カメラに写しだされたのは、名古屋テレビ塔の展望台からアタッシュケースに入った大量の紙幣を撒く青年。そしてNHKを慌てて飛び出したカメラマンの前には、「お金が、お金が降ってきた!」とお札を握りしめて狂喜する若い女性。

スポンサーリンク

クリスマスイブ前日のお金ばら撒き

 一体何が起こったのでしょうか、私は当初愉快犯の仕業だと思っていたのですが、取材に対する青年のコメントを聞いてそうではない何かがあると感じました。この青年はテレビ塔の職員に対し「今月初めに株で大もうけした。クリスマスだし皆さんに還元したかった」。警察での事情聴取に対しては、「株で数千万円もうかったので、100万円ぐらいは惜しくなかった。世間を騒がせて申し訳なかった。」そしてその後の取材に対して「あしぎんフィナンシャルグループ(以下あしぎんFG)株の売買によって今月初めに 7000~8000万もの大金を儲けた。」とコメントしています。

お金を撒くこと自体が目的ではない?

 はたして彼は、何が目的だったのでしょうか。

 栃木県地盤の地方銀行である足利銀行が政府から事実上破綻状態に陥ったと判断され、 11月29日(土)に預金保険法第74条第5項の規定による申し出を行い、預金保険機構が足利銀行の株式を取得することが決定し特別危機管理が開始されました。そして同日、足利銀行の一時国有化が決定しました。

 足利銀行は、持ち株会社「あしぎんFG」の子会社(ただし足利銀行株の一部は優先株として国が保有)となっており、国有化され足利銀行の株式を国が無償で引き上げることが決まっても、あしぎんFGの今後の動きが決定されなかったため、あしぎんFG株の上場廃止の時期が決まらず、東証1部の監理ポスト扱いとなることになりました。

 通常、会社は破たんすると上場廃止の日程が決まり整理ポストに移されます。整理ポストですと取り扱わない証券会社もあるなど取引に制約があるのですが、監理ポストの場合は通常どおり取引をすることができます。

 しかし破たんした銀行の持株会社ですから、当然株価はジェットコースターの様に急降下しました。破たんの前日、28日(金)の終値が81円。それが破たん後の週明け12月1日(月) には51円。2日(火)に21円。そして3日(水)の朝にはとうとう1株1円になってしまいました。なぜ一気に1円にならないかと言いますと、株価が1日に動く値幅には制限があり、それを下回る取引はできないのです。この状態をストップ安と言います。

 3日(水)の朝、このあしぎんFG株が今後どうなるのかがあちこちで話題になっていました。この株にもはや価値は無いという見方が圧倒的でした。足利銀行が再生し、あしぎんFGの子会社として再び戻ってくることは考えにくかったのです。少し前の「りそな銀行」の時は、一時国有化ののち公的資金を投入し株主責任は問われませんでした。当時も今もりそな銀行の株主はりそなホールディングスです(公的資金分は国が株主)。

 しかし今回はこのりそな銀行方式では無く、足利銀行の全株式を国が無償で引き上げることで、株主責任を明確にするのではないか。つまり、足利銀行の株主であるあしぎんFGから国が足利銀行全株式を0円で回収し、再生後は足利銀行を他の銀行などに売却するという長銀方式となる可能性が高かったのです。そうなれば、足利銀行の株主であるあしぎん FGの手元には何も残りません。

 残るのは0円になった紙くず同然の株券だけです。

 紙くず同然の株式と、足利銀行の関連会社のみの持株会社となる見込みのあしぎんFGの株価が今後上昇するとは考えにくく、この日の終値は6円。4日 (木)終値が4円、5日(金) が5円、8日(月)が6円と、地を這う株価となりました。誰もこんな株を本気で欲しがりません。ところが、こういった株で大博打をする人がいるのです。なぜなら単価が安いため少ない資金で大量の株数が買えるからです。

 例えば4円で1万株、合計4万円買ったとしますと、たった1円、5円に上がるだけで1万円も儲かるのです。これが100万株だったら、 1000万株だったら...。たった1円の動きで大儲けできるのです。

 折りしも外国はクリスマス前、外国人投資家はお休みモードであまり資金を動かさず日本の株式市場全体の動きは良くありませんでした。その日その日で取引を完結し毎日利益を上げようとするいわゆるデイトレーダーは、とにかく価格が動く株を求めるのです。

 デイトレーダーと、インターネットの巨大掲示板「2ちゃんねる」の株式板など口コミで広がった「あしぎん博打」への参加者が急増し、9日(火) の終値は12円、翌日10日(水)の高値が22円、そして11 日(木)にはなんと一時的に24円という破たん後最高値をつけたのです。破たんした会社の株価が2桁になることは異例です。

 こうしてあしぎん長者が誕生したのです。例えば、1株1円のとき100万株買い、24円で売れたならば100万円が2400万円になったわけです、たった1週間で。テレビ塔からドル紙幣を撒いた彼も、ここで7000~8000万儲けたのです。しかしこの状態が長く続くはずがありません。

 破たんした銀行の親会社なのですから。その後は一時的に吹き上げることはあっても、17円、14円、11円、9円と坂を下り、22日(月)の終値は7円となりました。誰もがもうこのまま紙くずへの道を辿ると考えていました。そろそろあしぎんFGが会社更生法や民事再生法など身の振り方を決め、いつ上場廃止になってもおかしくない...。

写真
▲ドル紙幣は、隣りの公園「オアシス21」にも飛んでいきました...。

ばら撒く前にネットで予告?

 実は、名古屋テレビ塔からドル紙幣を撒いた彼は、2ちゃんねる株式板に固定のハンドルネームで書き込みをしているいわゆるコテハンだったのです。噂では、どうも前々からこの計画を建てていたようです。2ちゃんねるの書き込みによりますと彼は、ばら撒きを実行する前にあしぎんFG株を7円で再度買っていたのです。

 そうです、仕込んだ上で例の行動に出たのです。そして彼は23日(火)祝日の夕方、名古屋テレビ塔から1万枚、およそ100万円分のドル紙幣や 100円札を撒き、(実際宙に舞ったのは50万円分)「あしぎんFG株で儲けた」と公言したのでした。それを聞いて動いたのが、これまでそういった危険な株に手を出さなかった人たちを中心とした一般投資家でした。

 「あしぎんFGは儲かる...」この言葉だけを聞いた人を中心に翌24日(水)、大量にあしぎんFG株が買われもう落ちる一方だと思われていた紙くず同然の株が再度吹き上がり、なんと12円をつけたのです。そしてばら撒いた彼はそこで売り抜けたと言われています。もし彼が1000万株買っていたならば、7000万円が 1日で1億2000万円となり、5000万円の利益を得たことになります。もしそうなら100万円なんか安いものです。

 彼はなぜ、流通している紙幣ではなくドル紙幣と100円札を撒いたのでしょうか。表向きは「日銀によるドルの買い支えが許せなかった。」と正論を唱えています。ところがこう考えることができます。

 まず、日本の現在の流通紙幣ですと最低でも千円札です。 1万枚撒こうとすると1000万円かかりますが、1ドル・100円札ならば100万円で1万枚を撒くことができますし、現在流通している紙幣をばら撒くと犯罪に当たる可能性があったのです。このあたり、もともと知識があってドル紙幣を撒いたのではないでしょうか。

 また17時台に撒くことで、ローカルニュースの生放送でトップ項目として乗っかれるというタイミングも計算の上でしょうか。大型のローカルニュース番組は1日のうち夕方しかありません。もし午前中や夜にばら撒きを実行しても、次の夕方にトップ項目で扱われることはまず無いでしょう。

 そして何より、「あしぎんFGで儲けた」という発言により結果的に何も知らない人達が紙くず同然のあしぎんFGの株を買い、再度値が上がるという奇跡が起こったのです。

イラスト
▲彼はあしぎん株に、最後の一花を、咲かせたのです...。しかしすぐ散る結果に。

ゲームオーバーは突然に

 2ちゃんねるでの本人と思われる書き込みによりますと、彼は株価が上った所であしぎんFG株を全て売り切り、利益だけを得て逃げたのです。なぜ「逃げた」と書くのかといいますと、こういった株の売買はババ抜きと一緒です。誰かが儲かれば絶対に誰かが損をします。その結果はすぐに出ました。

 翌25日(木)夕方、こんなニュースが入ってきました。

「あしぎんFGが会社更生法適用を申請。1月26日に上場廃止。」

 ババ抜きゲームは終了です。この時点であしぎんFGの株を持っていた人の負けです。1月26日にあしぎんFGの株券は市場で売買できなくなることが決定したのです。しかも予告無く前倒しされる可能性があるのです。明日はもう取引できないかも知れない...。あしぎんFG株を持っていること自体がリスクなのです。1月26日までに、いや即刻売れるうちに手放したいと誰もが思います。そして翌26日(金)朝、寄り付きの株価は1円となりました。

 結果としてバラ撒き男に嵌められた格好になってしまった、あまりよく知らずにあしぎんFG株を買ってしまった人達は、たった2日しかゲームに参加しなかったにもかかわらずババを引かされてしまったのです。25日(木)の終値が10円、26日(金)始値が1円です。一夜にして財産が10分の1になってしまったのです。いや、それでも売れればいい方です。ただの紙くずになるよりは。この日、高値は4円をつけましたが、そこで運良く売れたとしても10円から見れば半分以下です。

 あの夜ドル紙幣を撒いた青年は、サンタクロースやねずみ小僧、はたまた「マンガ道場」の鈴木先生気取りだったのか、それとも、これら全てを計算したとんでもない策略家だったのか。それはばら撒いた彼にしかわかりません。

協力:ももたろうさん

関連情報


スポンサーリンク


-NAGOYANOW, NOWレポート
-

Copyright© TOPPY.NET , 2017 AllRights Reserved.