03.西区 名古屋を歩こう

感覚がおかしくなる激安ショップ

記事公開日:2004年4月10日

画像

一里塚も無ければ川も無い-江川一里塚

 春日井製菓を越えると押切界隈です。美濃路に広がる商店街を活性化させようと、キャンペーンのポスターが貼られていたり、商店街によくあるプラスチックの花が飾られています。右手にある海福寺を越え、江川線の横断歩道を渡ります。そして少し歩くと、ゴミが散らかっている駐車場の脇にひっそり「江川一里塚跡」という看板がありました。江川一里塚は、熱田の宿から数えて2番目の一里塚で、江川が流れていたこのあたりにあったと言われているのですが、何も残っていません。

画像 画像 画像 画像 画像
▲押切界隈には、商店街ならではの飾り付け。 画像 ▲海福寺です。残念ながら門が閉まっていました。 画像 ▲江川一里塚跡です。中央に見える小さな説明看板のみです。

芭蕉が開いた鴫の声-富士浅間神社・法蔵寺

 その南には浅間町の地名の由来ともなった富士浅間神社があります。その名のとおり富士山を祀っています。1398(応永5)年三谷源太夫が富士塚町(現在の東区東桜1丁目)に勧請したものを、1610(慶長15)年名古屋城築城の際、現在地に遷したものです。しかし、その後元あった場所にも富士神社が祀られています。では浅間町界隈を歩いてみます。

画像 画像 画像
▲富士浅間神社です。やはり富士山は日本の心。 画像 ▲こちらが本堂です。では浅間町界隈を歩きます。

 国道22号、通称名岐バイパスを区役所のある押切方面に歩くと、左側に法蔵寺があります。ここには芭蕉の句が刻まれた鴫塚があります。1687~88(貞享4~5)年頃、このあたりの田中の里で詠んだのが「刈跡や早稲かたかたの鴫の声」です。塚は1856(安政3)年冬に建てられたものです。1977(S52)年には名古屋市史跡に指定されています。今では田も鴫も見ることはできません。

画像 画像 画像
▲法蔵寺です。鴫塚を守っています。 画像 ▲「鴫塚」という標石は戦災で一度焼失しています。

激安にも程がある宝探し感覚-菊水寺・キンブル

 法蔵寺から南へ少し行くと、菊水寺があります。菊井町の名の由来となったお寺です。ではそこから東、江川線へと戻りましょう。江川線沿いには8階建ての大きな建物があります。見ると「中古のデパートキンブル・何でも買います売ります」という文字があります。ここでは倒産品、質流れ品、そして一般の持ち込み品などが大量に売られています。驚くべきはその品揃えで、売れるものなら何でも売るという方針です。8階建てにもかかわらず売り場は3階まで。実はそこから上はすべて倉庫になっていて、それらは陳列されるのを待っています。

画像 画像 画像
▲菊水寺です。菊の井とも呼ばれていました。 画像 ▲お花をお供えしている人がいました。

 では、商品の一例を見ていきましょう。まずは缶ジュース各種50円。これって中古品と言うよりも、売れなくて困った在庫を整理するために、業者がここへ売りにきたものなのではないでしょうか。ちなみにキンブルに賞味期限という言葉はありません。そして階段にはずらっと掛け軸が並べてあります。あれ、値札がついていないなぁ、ひょっとして応相談で結構高いのかな?と思って見上げるとそこには「掛け軸3800円均一」の文字。これなら気軽に買えますよね。何人か外国人の方が喜んで買っていく姿を見ました。

 そして、他にも立派な置物がありました。なんと鷹の剥製。こちらも外国人の方が真剣に品定めをしています。今にも動き出しそうな鷹は迫力満点。さすがにこれは高いだろうな、と外国人の方の後ろからちらっと値札を見てみると、なんと5000円。もう驚きの連続です。

画像
▲キンブルです。4階から上は在庫がびっしり。

 私は犬と暮らしているので、犬用のおもちゃを買うことにしました。大きなボールがふたつついたダンベル型のおもちゃがありました。犬のおもちゃと言っても普通のお店では結構高くて、800円くらいするのかな、と値札を見るとなんと100円。そして犬とひっぱり合うと声がでるおもちゃ、こちらも普通なら1500円以上はしそうな代物が600円。そして、セガのおしゃべりロボット「ロボチ」。これは160もの言葉を話し、歌を歌ったり占いをしてくれるという定価3480円のおもちゃ。これがなんと600円。まぁ、ファービーが流行った頃の遺物なので、今その600円が適正価格なのかどうかはわかりません。本来の使い方は違いますが、犬のストレス解消用おもちゃとして買う分には安いものです。これらは何と店内に山積み状態。明らかに、デッドストックになったものを業者が大量に持ってきたものと思われます。商品に同梱されていたアンケートはがきの有効期限は、1年近く前に切れていました。

画像 画像 画像
▲こちらは600円。声がでる犬とひっぱりあうおもちゃ。 画像 ▲ロボチも600円。ファービーはさすがにいませんでした。

 ひょっとすると、昔欲しかったあのおもちゃがとんでもない価格で売られているかもしれませんよ。剥製と掛け軸を家に飾って8800円。それでいてものすごい高級感。誰も掛け軸や剥製の価値なんて見た目でわかりやしないんですから、これはものすごくお得ですよ。しかし、逆についついあれこれ買ってしまい結構高くついちゃいますけどね。

 でも、キンブル安すぎ。しかしキンブルの本当の魅力は安さではありません。普通のデ
ィスカウントショップにはない、この宝探し感覚。やめられません。


スポンサーリンク


-03.西区, 名古屋を歩こう
-

Copyright© TOPPY.NET トッピーネット , 2017 AllRights Reserved.