02.中区 名古屋を歩こう

焼肉屋さんから毎日生放送

記事公開日:2004年3月18日

画像

スポンサーリンク

かつては名古屋の銀座と呼ばれた-女子大小路

 久屋大通公園からそのまま帰ろうかと思ったのですが、せっかくなので東方向へともう少し歩きましょう。栄から東側は三越や中日ビルのある広小路通が東区との境界線になります。と言っても少し入り組んでいて、広小路通の北側にも中区部分が一部あります。中日ビルの前を過ぎると綺麗な中区役所ビルがあります。ここから南側一帯は「女子大小路」という魅力的な名前の歓楽街です。現在は「栄ウォ~ク街」と改名されていますが、「女子大小路店」という名前のままのお店が多いどころか、手羽先チェーン「世界の山ちゃん」が最近復活オープンしたのですが、名前は「女子大店」です。現在は女子大が無いにもかかわらずです。それだけこの名前が印象的なのでしょう。中区役所の少し先の東急ホテルがある場所に、かつて中京女子高校・中京女子短大(その後中京女子大学に改称)があったために、この辺り一帯は女子大小路と呼ばれていたのですが、その後大学が移転したために街が改名しています。しかし、今でも女子大小路と言ったほうがしっくりきます。

画像
▲エンゼルブリッジから女子大小路を眺めます。奥に見えるのが空港線。

 1960年代は名古屋を代表する歓楽街として、東京で例えると銀座のような街だったそうです。現在は錦にその座を奪われてしまいましたが、今も2000軒以上の飲食店が営業しています。どちらかと言うと、若い人ではなくオトナの街という印象です。私は前述の「山ちゃん女子大店」「知加羅栄女子大店」といった居酒屋にしか行ったことがありませんが、そういった店よりもスナックやクラブ、パブといったお店が女子大小路の主流です。錦よりも女子大小路を選ぶ人は、通と言えるでしょう。

日本の民放は名古屋からスタート-CBC中部日本放送

 さて、まだまだお日様は高いのでそのまま進みます。東急ホテルを過ぎると空港線にぶつかります。上には名古屋高速都心環状線が走る、ここも片側3車線の大きな通りです。信号を越えると、大きな建物の放送局が見えてきます。中部日本放送(CBC)です。CBCは日本で初めての民間放送局として1951(S26)年9月1日午前6時30分に放送を開始しています。社屋の前には「民放第一声の地」というモニュメントが飾られています。手前の黒い窓の建物が古くからの社屋で、その奥にある青い建物が新社屋なのですが、放送開始時は、今新社屋が建っているところにあった小さな建物から放送していたそうです。

画像
▲CBC(中部日本放送)です。かつてはこの通りから見える位置にテレビ・ラジオのスタジオがあり、人だかりができることもありました。

 名古屋で小学生時代を過ごした人なら、自分自身もしくは身の回りに、一度はCBCに来たことがあるという人がいるはずです。CBCテレビには「天才クイズ」という小学生が参加するクイズ番組があるのですが、なんと1967(S42)年からずっと毎週放送されていて、参加した小学生は約10万人。もちろん、私の友人にも出場経験のある人がいます。私自身は天才クイズには出ていないのですが、CBCラジオの「こども音楽コンクール」には出場したことがあります。

 今でも憶えているのですが、当時CBCの玄関にテレビが置いてあり、当然5チャンネル(CBC)に合わせてありました。私はいたずらっ子だったので、チャンネルを変えてしまったら面白いだろうな、と思いチャンネルを切り替えたのですが、なんと、変えても変えても全部「5」。CBCのほうが上手でした。

 また、かつてCBCは年に1度社屋を一般公開するというイベントを行っていて、私は小学生の時に見学しました。ラジオのスタジオが結構広いことに驚き、ドラマのセットや「ニュースワイド」のセットにわくわくし、セットの背景に別の映像を合成する、クロマキーの仕組みをこの時初めて知りました。それまでは、高いところからの景色を背景にしているニュースは、本当に高いところにあるスタジオでやっているものだとばかり思っていたのです。見学記念にもらった静止画スライドと天才クイズの下敷きを、喜んで持って帰りました。

画像
▲CBC新社屋。かつてここに旧社屋があり、子会社が使用していました。

焼肉屋さんからdeごめん-雲竜FLEXビル

 さて、CBCを過ぎるとスポーツ用品店のヴィクトリアと、大きな「FLEX」と書かれたビルが現れます。この雲竜FLEXビルは、飲食店とオフィスとダイアモンドホールというライブハウスからなるビルなのですが、ここの22階に「IMANAS亭」という焼肉店があります。このお店、とあることで有名でした。それは何かと言いますと、かつてこの閉店後の焼肉店から毎日、深夜の生放送が行われていたのです。

 「IMANAS亭」は景色が抜群です。それで選ばれたのかどうかはわかりませんが、その夜景を背景に「ラジオDEごめん」という中京テレビの番組が放送されていました。その名のとおりラジオをテレビでやってしまおうという番組で、カメラは1台。毎日日替わりで、曜日ごとに嘉門達夫さんや今田耕司さん、久本雅美さんなどが視聴者からのハガキによってトークをするという内容でした。こちらはクロマキーではなく、実際に高いところで番組をやっていたわけです。

画像
▲IMANAS亭からの夜景。食事をしつつ撮影。真ん中の鉄塔はCBC。

 その後、「ラジごめ」は金曜深夜のみの放送となってしまい、場所も地下の鍋料理店に変わってしまったのですが、その期間も含めると、私が中学生から大学生にかけての時期に放送されていました。番組中、この「IMANAS亭」の食事券プレゼントや紹介VTRが毎回流れるのですが、「最高の夜景とともに上質の和牛を...」という言葉を聞きながら、肉が焼かれる画面を見て、唾を飲みこんでいたのを憶えています。当然中高生時代は、こういったお店に縁は無く永遠の憧れでした。ですので、社会人になって初めてここで食事をしたときには至高の喜びを感じました。ずっと憧れていましたから。夜景も最高ですしもちろんお肉も最高です。そして、「ここで嘉門達夫さんは歌っていたのかぁ。」と感慨深く思ったものです。

 他にも、このビルにはおいしい店がたくさんあります。地下の「韓楽街」という韓国料理店もお薦めです。味も最高ですが、韓国のマーケットのような雰囲気も醸し出しています。プルコギは本当にたまりません。

 FLEXビルの少し向こうには、建設中の大きなビルが見えます。千種駅です。そこから向こうは千種区となります。千種駅前は今、開発ラッシュで大きなマンションが建設されています。FLEXビルを過ぎると、地名は「新栄」であるもののこれと言って目に付くものはありません。「今後新たに栄えそうなところ...」という意味で「新栄」と名付けたと思うのですが、ここはいつまでも新栄のままかもしれません。

 では、日を改めて栄ミナミを散策します。


スポンサーリンク


-02.中区, 名古屋を歩こう
-

Copyright© TOPPY.NET -トッピーネット- , 2017 AllRights Reserved.