06.千種区 名古屋を歩こう

あの社長の街

記事公開日:2004年7月6日

画像

スポンサーリンク

転勤族の憩いの場-池下ヘルス街

 池下駅の北西には、夜になればそれはそれは賑やかになるであろうネオンが見えます。今池は名古屋でも有数のヘルス街。しかも他の地域よりも若い子が多く、良心的な価格設定のお店が多いと言われる地域です。ヘルスのオーナーが個室に盗聴器を仕掛け、女の子のサービス具合をチェックしているところもあると言います。まあそれはそれで商売熱心なのは良いですけど、お客の立場としてもうかつに変なことを言わないように気をつけないといけません。無茶をしようものなら怖いお兄さん達がすぐにやってきますよ。

画像

▲錦通はここ池下北交差点で終点。右奥がヘルス街。

陰陽師がマムシ退治-蝮ヶ池八幡宮

 さて、この池下という地名についてですが、ここは昔本当に池の下、つまり底だったのです。池下北の交差点からそのまま真っ直ぐに北へ歩くと、右手に蝮ヶ池八幡宮があります。江戸時代から、この付近一帯の氏神として信仰されています。蝮ヶ池のほとりにあったことからこう呼ばれるようになりました。道路から八幡宮へ行くにはかなりの階段を登らなければなりません。実際に周辺は池だったのだと思える高低差があります。ちなみに、このあたりにいたマムシを退治したのが、陰陽師・安倍晴明です。蝮ヶ池は大正時代まであったのですが現在、その面影はありません。

画像 画像 画像

▲蝮ヶ池八幡宮は坂の上にあります。
画像
▲境内にはさらに坂を登る階段があります。

ヘラルドコーポレーションの過去の栄光-古川美術館・爲三郎記念館

 池下駅にはベルヘラルドというケーキ店があります。ある年齢以上の方であれば、池下と言えば古川財閥を思い浮かべるのではないでしょうか。古川為三郎氏が設立したヘラルドコーポレーションは、映画館、ボウリング場、カラオケ、パチンコといったアミューズメント複合施設を名古屋でいち早く手がけ、名古屋の娯楽産業の中心を担ってきました。古川為三郎夫妻は、若い人を育てる役に立つならと、名古屋大学の図書館建設費2億円をポンと寄付しています。1962(S37)年のことでした。

 古川為三郎氏は美術品の収集が趣味で、それらは1991(H3)年に開館した古川美術館に収蔵されています。その数2,800点。日本画から油彩画、さらには陶磁器、工芸品と幅広く展示されています。さらに美術館のすぐ横にある爲三郎記念館は、名古屋独特の数寄屋造りによる建物で、かつて為三郎氏が居住していたところです。1995(H7)年から一般公開されています。噂話なので本当かどうかはわかりませんが、地下鉄東山線が通ることになったとき、現在は上社の手前から地上に出て高架になっていますが、当初の計画では今池から高架になる予定でした。ところが古川為三郎氏が、家の上を線路が走るなど認めない。と言ったことで地下区間が上社の手前まで延びたと言われています。大げさな話かもしれませんが、古川為三郎氏の発言はそれだけ影響力を持っていたというのは事実のようです。池下駅の北側にある厚生年金会館からさらに北東へ行ったところに古川美術館はあります。

画像 画像 画像 画像 画像

▲駅のすぐ北側にある厚生年金会館。
画像
▲財団法人古川会が運営する古川美術館。
画像
▲かつてここに為三郎氏が住んでいた古川為三郎記念館。

 ヘラルドコーポレーションはケーブルテレビ事業にも進出し、スターキャット・ケーブルネットワークで名古屋市一円をカバーします。そして時は流れ、為三郎氏は1993(H5)年に103歳で生涯の幕を閉じ、ヘラルドコーポレーションはゴルフ場開発に失敗し、300億円の負債を抱え民事再生法の適用を申請。事実上倒産してしまいます。今後は飲食事業と洋菓子事業のみを新会社に移して再建を目指し、映画館、ゴルフ場などは第三者に営業譲渡、売却をする方針だそうです。一つの時代が終わったという印象を受けます。ちなみに、ヘラルドコーポレーションと日本ヘラルド映画の間には血縁関係はあるものの、資本関係はありません。

あの名物社長と会えます...が-よし川ビレッジ

 そんな池下で今、名物の社長と言えば、豪華な宝石を身にまといマスコミへの露出度も高い、よし川グループの社長吉川幸枝さんです。古川美術館の少し南側を歩くと、驚くのはその飲食店の多さです。懐石料理、和食、イタリア料理、フランス料理...、さらにはその全てが「よし川グループ」。街全体がよし川のレストランで占められているのです。その名も「よし川ビレッジ」です。かつてバブルの頃は、服装で入店を断られるほど敷居が高い店として有名でした。もちろん今でもそれなりの服装でなければなりません。残念ながら私は行ったことがありませんが、一度、お金持ちの友人に連れられてランチを食べた私の母によりますと(注:私の母は金持ちではありません)、それはそれは豪華な雰囲気で、かつ落ち着いて食事ができるとのこと。しかしランチならまだしも、ディナーは一体いくらなのかと考えただけでも怖いとのことでした。

画像 画像 画像

▲右もよし川、左もよし川。
画像
▲歩いている人が皆お金持ちに見えてしまう...。

 あの吉川社長は、特に講演などの予定が無い限り実際にお店にいてお客さんに声を掛けているそうです。私の母も目撃したそうです。豪華で優雅なひとときを味わいに、またはあの名物社長を見に、よし川ビレッジでお食事をしてみてはいかがでしょうか。もちろん、財布としっかり相談してからお越しください。


-06.千種区, 名古屋を歩こう
-

Copyright© TOPPY.NET -トッピーネット- , 2017 AllRights Reserved.