mobile ver.

みゃーみゃーなんて言っとらん!
(2004-12-04)

< ページ移動: 1 2 3 4 >

みゃーみゃーなんて言っとらん?

「名古屋みゃーみゃー通信」というタイトルで連載をしてきましたが、多くの名古屋っ子はこのタイトルに嫌悪感を抱いたのではないでしょうか。

 江戸ことばなら「てやんでい」「べらんめえ」。大阪弁なら「おおきに」「なんでやねん」。博多弁なら「ばってん」といった具合に、方言にはそれらを代表する言葉、他の地方の人がイメージとして持っている言葉があります。地方に旅行へ行った際、そういった言葉を実際に耳にすることで地域性を体感することができます。

 名古屋弁といって全国の方が思い浮かべるのがこの「みゃー」と「えびふりゃー」でしょう。他の地方の場合、例えば生粋の江戸っ子に「てやんでいって言うの?」と聞いても「今は言わないよ。」と軽く流されるでしょうし、大阪人に「なんでやねんって言うの?」と聞けば「そんなん当たり前や。」と答えられることでしょう。しかし、名古屋っ子に「みゃーみゃー、えびふりゃーって言うの?」と聞くと、大抵の人は激怒したり猛烈にそれを否定します。

 否定する場合は、「みゃーみゃーなんて他の地方の人が言うだけで、実際名古屋では誰も言わん。ドラマやアニメで『そうだみゃー』『食べるみゃー』『違うみゃー』とか言うけど、あんなの嘘嘘嘘。」となぜか語気が強くなり必死に否定します。そして激怒する場合は、「えびふりゃーなんて誰も言わんわー。大体タモリがそういうことを言うもんだで、勝手にえびふりゃーというイメージがついてまったんだわ。名古屋っ子はえびふりゃーとも言わんし、海老フライをよく食べるわけでもないし、海老フライは名古屋の名物でも何でもないわ!」と顔を真っ赤にします。

< ページ移動: 1 2 3 4 >


コメント投稿
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET