mobile ver.

サブカル都市?名古屋
(2004-10-30)

< ページ移動: 1 2 3 4 5 6 >

パチンコは名古屋から全国に

 結婚、価値観、お祭り、歌、ドラゴンズと名古屋の表文化を見てきましたが、今回はサブカルチャーを見ていきたいと思います。

 名古屋のサブカルチャー、いわゆる大衆文化を代表するものといえばパチンコです。愛知県内のパチンコ店舗数は901店で東京、大阪に次いで3位。(H13年12月末警察庁生活安全局風俗営業等関係資料より)ですが、ただ単に名古屋はパチンコが盛んというだけではありません。パチンコは名古屋と実に深い関係があります。パチンコに似たものは大正時代にイギリスから日本に入ってきましたが、当初は子どものおもちゃでしかありませんでした。それを初めて商売にしたのが、名古屋市西区浄心で遊技場を経営していた正村竹一さんです。

 正村さんは1936(S11)年にパチンコ店を開業、戦争で閉店を余儀なくされるものの、終戦の翌年1946(S21)年には営業を再開し、物資の乏しい戦後の貧しい時代の唯一の娯楽となりました。当時のパチンコは小銭をそのまま弾くもので、景品が貰えるという楽しみはあったものの、パチンコ自体にはそれほど面白味が無かったそうです。

 1949(S24)年、正村さんは「正村ゲージ」という今のパチンコの元祖ともいえるものを開発しました。お金を粗末に扱ってはいけないとお金を直接弾くスタイルをやめ、お金で玉を貸しその玉を弾くゲームにしました。当時名古屋には軍需工場跡が多くあり、ベニヤ板や釘、ガラスを調達することができました。そのベニヤ板で作った箱に、釘で玉が通る道筋をつけガラスの板で覆い、釘にうまく玉を当てることで入賞口に玉を入れるという現代のパチンコもその基本は変わらないこの「正村ゲージ」は、それまでただコインが上から下に落ちるだけだったパチンコを、あちこちに玉が飛び、玉を打つ技術や釘の配列による運を試すというゲーム性が高いものに変え、たちまちに人気になったのです。

 正村さんのもとには全国から正村ゲージの注文が殺到し、生産が間に合わないほどになります。正村ゲージの全国への広がりはおそるべきスピードでした。しかしそれには大きな理由があります。なぜなら正村さんは特許をとらず、誰でも自由にこの正村ゲージを真似することができたのです。もし正村さんが特許をとっていたならば、莫大な利益を得ていたことでしょう。真似されてもいい、常にそれを上回るいいものを作り続けたい、物作り職人としての正村さんの心意気。それがパチンコ普及の鍵だったのです。

< ページ移動: 1 2 3 4 5 6 >

コメント(2)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET