mobile ver.

名古屋っ子はドラゴンズに何を見る
(2004-10-23)

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >

名古屋っ子はどのようにしてドラファンになるのか

 名古屋といえば中日ドラゴンズ、中日ドラゴンズといえば名古屋というくらいに、ドラゴンズは地域に密着した球団です。ところが、名古屋っ子は皆ドラゴンズファンと言うとはできないと思います。

 名古屋っ子の好きな球団はどこなのか。具体的な統計データは無いので根拠はありませんが、私が20年程前、小学生の時にクラスでアンケートを取った結果では、ヤクルトや近鉄といったごく少数の意見を除いて、クラスは中日ファンと巨人ファンが同数で真っ二つにわかれました。あくまでも主観ではありますが、この結果は素直に名古屋っ子の傾向を表していると思います。そもそも、プロ野球の好きなチームとはどのようにして決まるものなのでしょうか、考察してみます。

親の影響

 これはかなり強いと思います。幼い頃から親が巨人戦ばかりをテレビで観戦していれば巨人に親近感を覚えるでしょうし、親子の会話も巨人が中心となるでしょう。親が野球に感心が無ければその子どもも自然とそうなる場合が多いのではないでしょうか。逆に、親子関係がうまくいっていない場合は、親が巨人を応援するから子どもは巨人が嫌いということになるでしょう。

生で観た

 これも親の影響の一端ですが、ナゴヤドームにしょっちゅう連れて行かれて、中日戦ばかりを見ていれば自然と選手の名前を覚えるでしょうし、好きになるでしょう。私が幼い頃はまだナゴヤドームが無くナゴヤ球場でした。ナゴヤ球場はドームに比べると席数が少なく、巨人戦ともなればプラチナチケットと呼ばれ当時はチケットを入手するのが非常に困難でした。それでも息子に野球を見せたい私の父親は、当時ナゴヤ球場で年に数回開催されていた、近鉄バファローズの試合に私を連れて行ったのでした。ですので私は少年時代、もちろんドラゴンズは好きでしたけれど近鉄ファンでもありました。リーグ優勝をかけた1988(S63)年10月19日のロッテとのダブルヘッダー、私は必死になって大阪のラジオの電波を拾い、ラジオにかじりついて聞いていました。

 その後、ナゴヤ球場からナゴヤドームになると、なぜか近鉄は名古屋で試合を行わなくなり、かわりにオリックス主催試合が行われるようになりました。当初は地元出身のイチロー選手が在籍していたこともあり、名古屋にオリックスファンがちらほらと増えました。

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >


コメント投稿
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET