mobile ver.

ドラゴンズ・誕生から日本一まで
(2004-10-16)

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >

名古屋っ子が大好きな中日ドラゴンズ

 名古屋を語るにあたって、中日ドラゴンズを外すことはできません。

 2004(H16)年10月1日、ドラゴンズファンの名古屋っ子で埋め尽くされたナゴヤドームにおいて、中日ドラゴンズは6度目のリーグ優勝を果たしました。私もその日はドームに赴き、落合監督の胴上げを目の当たりにしました。この日、急遽ローカルで生中継を編成したCBCテレビの視聴率は平均で33.4%、瞬間最高視聴率を記録した胴上げの場面は57.4%に達しました。在宅率を考えれば、この日は名古屋のほとんどの家庭でドラゴンズ優勝決定のシーンが見られていたことになります。

 昨今、プロ野球の人気低迷が囁かれるようになり、視聴率は右肩下がり傾向にあります。2004(H16)年は落合監督の就任が話題となり、そしてチームの成績が上がるにつれて名古屋での中日戦視聴率は上昇し、年間平均で16.3%を記録しましたが、関東地区での巨人戦は平均12.2%で過去最低となりました。これは中日にとっても決して他人事ではなく、2002(H14)年には中日戦の東海地区における視聴率もほぼ同じ水準にまで下がったことがありました。

 それでも、名古屋では東京からのネット番組を休止して中日戦の中継を編成することが多いですし、ラジオでは中日戦しか流れない日がほとんどです。今回は名古屋とドラゴンズ、名古屋とプロ野球の関係を紐解いていきたいと思います。

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >


コメント投稿
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET