mobile ver.

名古屋を歌うご当地ソング
(2004-09-25)

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >

名古屋の歌ってあるの?

 ご当地ソング、といわれるものがあります。それはその街や地方を題材にした歌です。

 ぱっと思いつくところを挙げてみますと、「津軽海峡冬景色/石川さゆり」(青森)や「青葉城恋歌/さとう宗幸」(仙台)「長崎は今日も雨だった/前川清」(長崎)などがすぐに思い浮かびます。ご当地と言っても地方だけではなく、「大阪で生まれた女/BORO」「悲しい色やね/上田正樹」(大阪)、そして「TOKIO/沢田研二」(東京)なんてのもあります。また、この地方でも「柳ヶ瀬ブルース/美川憲一」や「奥飛騨慕情/竜鉄也」(岐阜)、三重県は...三重は...「♪伊勢のめいぶーつー、赤福もちはええじゃないか。」ってこれはCMソングですけれども、まあこんな具合で都会田舎問わず各地にご当地ソングはあります。

 最近、インターネットで「名古屋はええよ!やっとかめ/つボイノリオ」の非公式プロモーションビデオが作られ一部でとても有名になりました。しかしこの曲自体は1985(S60)年に発売されたものですが、当時流行ったという記憶はありませんし、最近耳にした方も初めて聞いたという人が多いのではないでしょうか。その他に「名古屋の歌といって思い出すものはありますか?」とあなたは聞かれたら答えることができますか?

 名古屋にご当地ソングは無い。というわけでは決してありません。調べてみると驚くほど名古屋の歌は存在します。まずは戦前を見てみます。

江戸時代に歌われた名古屋は...

 古くは江戸時代の「名古屋甚句」に遡ります。名古屋甚句は江戸時代に歌われ始めたものですが、その後歌詞が付け加えられていきます。この歌詞を見ると思わず笑ってしまいます。「花の名古屋の碁盤割りはエー、都に負けない京町や...」と、都にすぐ張り合いたがる名古屋の性格を表していたり、1871(M4)年に東京・湯島聖堂で開かれた第1回勧業博覧会で名古屋城の金鯱が展示されたことについて歌った部分では、「東京までも送られて、博覧会にさらされて、幾十万の人々に、鯱じゃ鯱じゃと指差され、こんなにくやしいことはない、いっそ死んだがましかいな。」と金鯱の心が歌われています。いや、そんなに悔しい思いはしていないと思うのですけど...。別にさらしものとして東京で展示されたわけではないと思いますしね。

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >

コメント(2)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET