mobile ver.

お祭りに見る名古屋らしさ
(2004-09-08)

< ページ移動: 1 2 3 4 >

名古屋を代表するお祭りとは

 地方の文化や風習がよく表れ、なおかつ他の地方の人の目に触れることが多いのが「お祭り」です。お祭り自体がその地方のイメージとなっていることもよくあります。例えば、徳島県で思い出すものはと聞かれたら阿波踊りと答える人は多いでしょう。どんたくは博多、祇園祭は京都、七夕祭りは仙台、ねぶたは青森と、お祭りの名前を聞いただけでその街の名が思い浮かびます。変わって、名古屋のおとなり三重県は、全国で最もお祭りの多い県です。平均すると1日に1つ以上のお祭りがあります。お祭りとは、もともと神さまや仏さまを祀る行事ですから、伊勢神宮のお膝元である三重県がそうなのは頷けます。このようにお祭りと地方とは密接な関係があります。ということで、今回はお祭りを通して名古屋を見ていきます。

 さて、名古屋っ子以外の方に「名古屋のお祭りを知っていますか?」と聞くと、ほとんどの人が「知らない」と答えると思います。少なくとも私の友人・知人の場合は、名古屋っ子ではない人でこの問いに答えを出すことができた人はいませんでした。しかし、名古屋っ子は「名古屋まつり」のことを全国区だと思うほど、このお祭りは名古屋でメジャーです。その名古屋まつりとはどんなお祭りなのでしょうか。

名古屋まつりの歴史

 歴史はそれ程古いものではなく、最初に開かれたのは1955(S30)年のことでした。その前の年に愛知県・名古屋市・名古屋商工会議所の共催という形で「名古屋商工まつり」という当時としては全国的にも珍しい商業的なお祭りが開かれたのですが、商工業者だけでなくもう少し一般的なお祭りにしようということで名古屋まつりは始まりました。「ふ〜ん。」と思われるだけかもしれませんが、実はこの成り立ちがこのお祭りには大きく影響しています。

 名古屋まつりは毎年10月中旬の金曜から日曜の3日間にかけて開かれます。(ただし2005年は5月の予定)このお祭りの基本はパレードです。名古屋駅から栄、そして名古屋城までを練り歩きます。姉妹都市提携をしている各都市によるオープンカーパレード、鮮やかな色の花や電飾で飾られる花バス、愛知県警警察音楽隊、子どもたちによるお神輿、そして山車に神楽など、名古屋市中心部一帯を通行止にしてパレードは行われ、沿道にはたくさんの人が見物に訪れます。

< ページ移動: 1 2 3 4 >


コメント投稿
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET