mobile ver.

現金なヤツ
(2004-09-04)

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >

お値打ち大好き名古屋っ子

 それは意外に思われるかも知れません。ケチと言うと大阪というイメージが強く、名古屋にはそれ程ケチというイメージが無いかもしれません。しかし実際は大阪に負けず劣らずのケチぶりを発揮しています。今回は名古屋っ子とお金の関係について見ていきます。

「お値打ち」

 これは名古屋っ子が名古屋弁だと意識していない名古屋弁のひとつです。最近では全国的にも少しずつ使われるようになりましたが、元々は名古屋の言葉です。この言葉には名古屋っ子の性質が実によく表れています。具体例で見てみましょう。お寿司で考えてみます。お寿司屋さんには回るところと回らないお店があります。回転寿司のお店の中には100円均一のところがあります。そういうお店は「お値打ちなお店」と言えるでしょうか。答えはノーです。

 なぜならそれはただの安い店だからです。ですから100円ショップも決してお値打ちなお店ではありません。それは100円相応のものを100円で売っているに過ぎないからです。では回らない高いお寿司屋さんが「今日だけ全品100円」と言ったらお値打ちになるか。確かにそういう使われ方をすることもありますが、少しニュアンスが違います。お値打ちという言葉は単に高いものが安いというものでもありません。

「値打ち」という言葉を辞書で調べると「1.その物や事柄がもっている価値。役に立つ程度・度合いや、その物の品位。2.値段。」とあります。名古屋っ子の言う「お値打ち」とはまさしくこの「1」を備えもっていながら安いものという意味です。つまり、役に立ちそうで価値があり、なおかつ品位もありながら安い。この場合だけにお値打ちが適用されるのです。さらに限定であることも条件に加わります。普段は絶対こんな値段では売ることができないけれど今日はお値打ちにご奉仕。となれば名古屋っ子は黙っていません。

 しかし、お店側がお値打ちといくら言っても衝動買いはしません。一般的にどれだけの価値があろうが、自分にとって価値が無ければ買わないのです。名古屋っ子は本当に欲しいもの、必要なものしか買いません。お金は1円たりとも無駄にしたくないのです。

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >


コメント投稿
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET