mobile ver.

これだけは興味がある?名古屋の結婚
(2004-08-14)

< ページ移動: 1 2 3 4 >

全国が注目した名古屋嫁入り物語

 今回からは名古屋の文化・風習を見ていきます。名古屋独特の風習といって、全国の方々がピンとくるのが結婚式だと思います。名古屋の結婚式にまつわる風習が広く知られるようになったきっかけは、名古屋・東海テレビが制作したドラマ「名古屋嫁入り物語」ではないでしょうか。

 このドラマは、フジテレビ系列全国ネットでプライムタイムに放送され、名古屋地区だけでなく全国で高い視聴率を記録しました。名古屋制作の番組が、プライムタイムに全国で放送されること自体が珍しいなかで、高視聴率を記録するというのはさらに稀な例です。しかも題材が名古屋ということも尚更です。

 東海テレビは名古屋ローカルの放送局でありながら、まだ白黒放送で映像に色が付いていなかった開局6年目の1964(S39)年から、全国ネットでお昼のドラマを制作しています。当初は毎日15分だったのですが、1976(S51)年からは毎日30分と倍の放送時間に拡大し、「愛の嵐」から続いた嵐シリーズや、最近では「真珠婦人」、「牡丹と薔薇」など人気作品を続々と制作、お昼のドロドロした連続ドラマと言えば東海テレビという地位を確固たるものにしました。またドロドロしたものだけではなく、「はるちゃん」といったさわやかな路線のものも人気を得ています。

 東海テレビ制作によるお昼の連続ドラマは、民放全体の帯ドラマとしても最長記録を保持しており、2004(H16)年には40周年、160作品を数えるまでになっています。このように東海テレビは地方局でありながら、ドラマ制作においてはかなりのノウハウを蓄積していたのですが、それでも「名古屋嫁入り物語」が午後9時というプライムタイムに編成されたということが、当時はかなり珍しいことだったそうです。

 ちなみに、東海テレビが昼のドラマを放送している午後1時30分から2時の枠は、TBS系列も1969(S44)年から名古屋・CBCテレビ制作のドラマを編成していて、かつてはCBC15分、大阪・毎日放送15分という2つのドラマを放送していましたが、現在この枠は、30分のドラマを毎日放送とCBCが交代で制作しており、こちらでも名古屋制作の「キッズウォー」が人気となりました。そしてお昼ではありませんが、NHK名古屋放送局は中学生を主人公にしたドラマ「中学生日記」を全国ネットで放送しています。その前身である「中学生次郎」がスタートしたのは1962(S37)年のこと。東海テレビだけでなく名古屋制作のドラマは、長年全国向けてに放送されているのです。

< ページ移動: 1 2 3 4 >


コメント投稿
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET