mobile ver.

結局生かせない?名古屋のいいところ
(2004-08-07)

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >

まだまだある世界的な名古屋企業

 名古屋の企業をいろいろと見てきましたが、UFJ銀行はもはや名古屋の企業とはいえない状態になりつつありますし、中部電力や東邦ガスといったエネルギー供給企業はローカルの域を脱することができません。また、中日新聞やテレビ局といったマスコミや、ユニーといった流通は、東京へ進出している部分はあるものの、全国区企業とは言えません。対して、カゴメやポッカといった食品企業は紛れも無く全国区企業ですし、トヨタ、ブラザーなどのメーカーは全国区どころか、世界的な企業となりました。

 食品関係で、まだ触れていない名古屋企業がいくつかありますのでご紹介したいと思います。会社名は今でも敷島製パンですが、「Pasco」ブランドで全国に販売されているのが、かつてのシキシマパンです。以前は東日本ではパスコ、西日本ではシキシマとブランドを分けていましたが、在庫管理のコスト削減といった理由からパスコに統一されました。

 敷島製パンの創業は1919(T8)年、それ以来ずっと「シキシマパン」の愛称で中部・関西地区を中心にパンを販売するローカル企業でした。1967(S42)年7月からは、CBCテレビで今も続くローカルのクイズ番組「天才クイズ」のスポンサーとなり、名古屋っ子にとっては、天才クイズのシキシマパンというイメージが強くあります。ちなみにこの天才クイズは、我が国で現存する最古のクイズ番組なのだそうです。確かにもう40年近くになりますからね。(※残念ながら2004年9月終了となりました。)

 この天才クイズがスタートした2年後の1969(S44)年、シキシマは関東に進出します。このとき初めて「パスコ」という名前を使用したのです。それ以来、関東でも順調に業績を拡大し、1980(S55)年にはパスコ・アメリカを設立します。このようにシキシマは全国から海外へと販売エリアを拡大していきます。同様に天才クイズも名古屋から長野へと放送エリアを拡大しましたが、パンと同じように全国ネットになることはなく、現在は再び名古屋のローカル放送となっています。そして2003(H15)年、2ブランド制を廃止し全てが「Pasco」に統一されます。名古屋っ子にとっては「サクラのマークでおなじみのシキシマパン」の名が消えてしまうことに寂しさを抱きました。それは誰よりもシキシマの人達が感じていたことでしょう。しかしコストに厳しく、感情よりも利益が第一。こうやって名古屋企業はさらに成長していくわけです。

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >


コメント投稿
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET