mobile ver.

世界を熱くするのも冷やすのも
(2004-07-31)

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >

名古屋五摂家の内紛?

 以前、名古屋御三家ということで「東海銀行、名古屋鉄道、中日新聞」をご紹介しましたが、ここから中日新聞を抜き、松坂屋、中部電力、東邦ガスを加えた「名古屋五摂家」という言葉があります。現在では、トヨタ自動車が名古屋を代表する企業として扱われるようになりましたが、長い間名古屋の財界を牽引してきたのはこの「名古屋五摂家」です。名古屋っ子の松坂屋信仰については以前触れましたので、残る中部電力と東邦ガスについて見てみましょう。

 中部電力と東邦ガスは、地域のエネルギー会社として長年安定した立場を保持してきましたが、近年状況は変わりつつあります。まず中部電力ですが、電力の自由化により、今後は関西電力など他地区の事業者が名古屋に進出したり、他業種の電力事業参入などが認められるようになり厳しい時代を迎えました。そこでオール電化やエコアイスといった、今までガスが役割を担ってきた部分に、電気を使ってもらおうという動きが加速しています。

 オール電化住宅は、電磁調理器や電気温水器など家中のエネルギーに全て電気を使い、ガスを全く使わない住宅です。そのためガス会社と契約する必要が無く、ガスの基本料金もかかりません。中部電力はオール電化の推進に躍起になっていて、CMでも盛んにアピールしています。火を使わないから電気料金だけでいい、ですとか火を使わないから安全などなど。そして「そういう時代でしょ」と「火=ガス」を使うことは時代遅れであるかのように言い放ち、火を投げ捨てたりしています。

 対する東邦ガスももちろん黙ってはいません。ガスで電気を作る「エコウィル」のCMでは、ガスで電気を作ることはできても、電気でガスを作ることはできないということをアピールしたり、東邦ガスのショールームでは電磁調理器とガス調理器を並べ、その火力の違いにより料理の仕上がりを実際見比べてもらうといったことをしています。合言葉は「ガスはすごいことになっている」。CMには中村雅俊氏を起用し、ガスはすごいというイメージの定着に努めています。

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >


コメント投稿
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET