mobile ver.

コンビニは、あっちもいいけど
(2004-07-17)

< ページ移動: 1 2 3 4 >

競争激化!名古屋の流通・小売

 さて今回からは、名古屋の流通事情を見ていきたいと思います。国内最多店舗を誇るセブンイレブンさえも、名古屋に進出したのはここ最近のことで、数年前の名古屋では誰も知らないコンビニエンスストアでした。ここ最近、コンビニではセブン・イレブン、家電ではヤマダ・コジマ、そしてホームセンターではカインズ・デイツーといった外部資本が続々と名古屋に攻勢をかけていますが、それらから牙城を守る名古屋地盤の流通企業を見ていきたいと思います。

 まずはコンビニエンスストアから。名古屋でコンビニといえばサークルKを思い浮かべる方が多いと思います。サークルKは、名古屋地盤のスーパー・ユニー系列のコンビニエンスストアで、2002(H14)年現在の店舗数を見ても、愛知県内に800店と実際に圧倒的な店舗数を誇ります。しかし、今回注目したいのはサークルKではなく、この時点で愛知県内2位の店舗数379店を誇るココストアです。これは名古屋っ子でも意外に思われるかもしれませんが、愛知県ではローソンやファミリーマートといった全国チェーンのコンビニよりもココストアの方が多かったのです。この時点では。

日本初?のコンビニチェーン

 なぜ意外かと言いますと、ココストアにはどこかマイナーな雰囲気といいますか、デイリーヤマザキと同じような個人商店と大手コンビニの中間といったイメージがあります。それでも愛知県内では2位という店舗数であったことに少なくとも私は驚きました。マイナーなイメージの原因は、ココストアが酒屋さんから業態転換した個人商店が多いというところから来ていると思います。確かに、昔はお酒を扱っているコンビニといえばココストアというイメージもありました。今では規制緩和もありお酒を扱っているコンビニも増えてきましたのでそれほどではなくなりましたが、昔は「酒ならCoCo!にあるだろう」とココストアに買出しに行ったものです。

 このココストア、不思議な沿革の持ち主なのです。日本で最初のコンビニエンスストアというのは調べてもなかなか出てきません。と言いますのも、コンビニという定義が曖昧で、個人商店でもコンビニを名乗っている所もありますし、はっきりしないのです。今では経済産業省によって売場面積は30平方メートル以上250平方メートル未満、セルフ方式、営業時間が14時間以上の店舗という定義がありますが、他にも扱う商品や売場面積の割合を定義している団体もあり、しかも時代とともに変わっているのでやはり日本初のコンビニははっきりしません。そんななか、日本初のコンビニを自称しているのがココストアなのです。

< ページ移動: 1 2 3 4 >


コメント投稿
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET