mobile ver.

お菓子なおかしな?名古屋の話
(2004-06-26)

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >

駄菓子をまとめ買いする名古屋っ子

 名古屋は全国でも有数の駄菓子の産地です。もちろん、名古屋以外にも駄菓子のメーカーはたくさんあるのですが、名古屋の場合は西区明道町に「中京菓子玩具卸市場」があったことから一ヶ所に駄菓子問屋やメーカーが集中していて、戦前から駄菓子の街が形成されていました。また名古屋では結婚の際、新婦を家から送り出す時と、新婦を新郎の家が迎え入れる時に近所の人達を集めてお菓子を撒く「菓子撒き」という風習もあり、名古屋とお菓子には密接な関係があります。私も幼少の頃、近所で菓子撒きがあると聞くと友達と出かけたものですが、さすがに最近はあまり見かけなくなってしまいました。近所に袋詰のお菓子を配ることで、菓子撒きを簡略化することも多いそうです。

 最近は昭和ブームで、再び駄菓子が注目されています。東京お台場の「台場一丁目商店街」といった施設だけでなく、大型ショッピングセンターの一角に駄菓子を売るテナントが入っていることもあります。そこで駄菓子を手にした時に、その製造者を見てみて下さい。意外と「名古屋市西区新道」と書いてあることが多いのです。新道とは以前の明道町で、現在は地名が変更されていて明道町の名は信号交差点に残るのみです。

明道町
▲市場は無くなりましたが、明道町ではロットにて一般の人も買えます。

フィリックス?エフエックス?

 そんな新道のお菓子メーカーと言って、私が真っ先に思い出すのが「マルカワのフーセンガム」です。かつては四角い小さな箱にガムが4つ入って10円だった「オレンジマーブルガム」や、フィリックスの絵の入ったガムでお馴染みです。

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >


コメント投稿
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET