mobile ver.

世界に広がる名古屋調味料
(2004-06-19)

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >

MADE IN NAGOYAが隠れてる

 前回は名古屋の食品企業を紹介しました。美味しいだけでなく健康やミニスカートなど付加価値を付ける企業が多いことがわかりました。ところで、前回は井村屋製菓が食品パウダーを製造しているという話題を取り上げましたが、それを専業にしているのが知多郡武豊町に本社を置くユタカフーズです。液体から粉末までさまざまな風味調味料が作られています。「赤いきつね」と「緑のたぬき」でおなじみのマルちゃん・東洋水産の受託製造を行っているので、あなたが食べているマルちゃん製品はひょっとすると名古屋の味かもしれません。他にもユタカフーズは醸造技術を生かした様々なつゆやたれを製造しています。

 醸造と言えば、「名古屋と言えば味噌」というイメージは全国的にありますよね。名古屋名物にも味噌煮込みうどん、どて煮(どて焼き)、みそかつ、みそおでんなどなど赤味噌を使ったものは数多くあります。もちろん名古屋には多くの味噌メーカーがあるのですが、他にも調味料で全国に販売網を持っているメーカーがあります。

外国人に読みやすいロゴマークの必要性

 2004(H16)年6月、愛知県半田市に本社を置くミツカンは、それまでのカタカナ表記を辞め「mizkan」とアルファベット表記に改めました。デザイン面と外国人の発音のしやすさを考慮して、「ツ」を「tsu」ではなく「z」と表記することになりました。ミツカンといえばお酢のメーカー。外国人の発音に配慮する必要があるのでしょうか。

 昔、お酢はお米から作られるものでした。その頃ミツカンの初代中野又左衛門は、酒蔵を営んでいました。しかし、お酒を作るとどうしても酒粕が大量に発生します。全て廃棄処分していたのですが、何とかそこからお酢を作ることはできないかと考えます。ところがお酢を醸造する酢酸菌は、お酒をダメにしてしまう成分です。無理かと思われていたのですが、お酒とお酢を同時に作るというその前代未聞の計画は成功します。中野又左衛門はミツカンを創業して独立します。それが1804(文化元)年、今からちょうど200年前のことです。

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >


コメント投稿
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET