mobile ver.

メ〜テレに感じる違和感
(2004-05-29)

< ページ移動: 1 2 3 4 5 6 >

メ〜テレに流れる独特な空気の理由

 前回に引き続き名古屋のテレビ局のお話です。

 名古屋にあるテレビ局のなかで、なぜメ〜テレ(名古屋テレビ)だけに違う空気が流れているのでしょうか。と考えるのは、ずっと名古屋に住んでいる私の発想だからであって、他の地域から名古屋にやってきた人に言わせると、なぜ名古屋のテレビはこれほどまでに中日新聞一色なのかと逆のことを言います。

 名古屋にある民放テレビ局5社のうち、CBC、東海テレビ、テレビ愛知の3局が中日新聞系列です。これは東京や大阪では考えられないことです。東京では日本テレビ=読売、TBS=毎日、フジテレビ=産経、テレビ朝日=朝日、テレビ東京=日経、東京MXテレビ=中日。大阪も毎日放送=毎日、朝日放送=朝日、関西テレビ=産経、読売テレビ=読売、テレビ大阪=日経と各テレビ局と各新聞社が密接に関係し系列化されています。特に大阪は新聞社の名がそのまま放送局名になっているところが3社もあります。しかし、この系列化は当初からあったわけではありません。

 戦後、日本にも民間放送を創設しようという動きが出始めたとき、各地で新聞社が放送局獲得に動き始めました。東京では朝日・毎日・読売が3社共同でラジオ東京(現・TBS)を、そして大阪では一本化することができず朝日放送と新日本放送(現・毎日放送)が別々に申請されます。これら調整には時間がかかったのですが、名古屋だけはすんなりと準備が進行し、日本の民間放送は名古屋からスタートしています。そのわけは、名古屋における中日新聞の力が当時から強大だったのです。当時、中日新聞は中部日本新聞という名でした。中部日本新聞は他の新聞社を寄せ付けることなく、そのままの社名である中部日本放送(CBC)を設立。一社単独のために準備もすんなりと進み、東京や大阪よりも先に免許申請することができ、競願社も無く開局も一番乗りとなったのです。

< ページ移動: 1 2 3 4 5 6 >

コメント(4)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET