mobile ver.

はっきり言って根に持ちます
(2004-04-24)

< ページ移動: 1 2 3 4 >

銀行の再編が気に入らない?

 前回は都市銀行の話題でしたが、その中で「さくら銀行」と「住友銀行」が2001(H13)年4月に合併して「三井住友銀行」を誕生させたというお話をしました。この合併を快く思わなかったと思われる企業が愛知県にあります。それはトヨタ自動車です。トヨタ自動車は、昔から東海銀行とさくら銀行の2行をメインバンクとしていました。そのためこの地方にしては珍しく、さくら銀行は地方都市にもかかわらず豊田市に支店を構えていました。ということはつまり、トヨタ自動車は住友銀行のことを良く思っていなかったのです。それどころではなく「出入り禁止」となっていたのです。一体何があったと言うのでしょうか。

 それでは、トヨタ自動車が誕生するまでの歴史を簡単に見ていきましょう。1890(M23)年、豊田佐吉は「豊田式木製人力織機」を発明します。続いて「豊田式木鉄混製動力織機」「環状織機」と発明し織機の自動化を図ります。織機とは「はたおり機」です。トヨタは最初、機織機メーカーとしてスタートしたのです。

 佐吉は1902(M35)年に豊田商会を設立し、「豊田式汽力織機」の生産を開始します。これが瞬く間に好評となり、フル生産体制が続きます。そして1911(M44)年には豊田自働織布工場を、現在のJR名古屋駅北西に開設します。この工場はその後豊田紡織株式会社となり拡張を続け、紡績・織布などの大型工場が4棟という状態にまでなります。これらの建物は現在、産業技術記念館としてトヨタの物作り精神を学ぶテーマパークとなっています。

 さらに1924(T13)年には「無停止杼換(ヒガエ)式豊田自動織機(G型)」を発明し、織機の自動化に成功します。その2年後にはトヨタ自動車の原点となる、株式会社豊田自動織機製作所が設立されます。この自動織機の技術を自動車に応用できないかと、佐吉の息である喜一郎は欧米に自動車事情を視察に行き、さらに小型ガソリンエンジンの研究をスタートします。そして1933(S8)年、豊田自動織機製作所は取締役会で自動車事業進出を決議し自動車部を設立、翌年には自動車試作工場が完成、その翌年にはトヨタA1型乗用車試作第1号が完成します。

 自動車製造を今後本格化することを臨時株主総会で決議し、1936(S11)年にはA1型の量産型であるトヨタAA型自動車とGA型トラックの生産を開始し、翌年トヨタ自動車工業株式会社が設立されます。そしてそれら自動車を本格的に量産する工場として、挙母(ころも)町に挙母工場を完成させます。

< ページ移動: 1 2 3 4 >

コメント(1)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET