mobile ver.

行列のできるヒミツ
(2004-04-17)

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >

名古屋で行列ができるお店

 今回取り上げる名古屋で必ず行列ができるお店。それはとびきりおいしいラーメン屋さんでも、限定のランチメニューを出すお店でもありません。その行列は毎日できるものではなく、毎月ある特定の日にだけ発生します。しかもその行列は愛知県各地で見ることができ、同業者がガラガラなのにもかかわらず、愛知県の人は皆、時間のかかるその行列に並びます。

 その行列とは、毎月16日や25日といった世の中の給料日に発生する、UFJ銀行のATM(現金自動預払機)に並ぶ行列です。それなら名古屋に限らずどこにでも発生するのでは、と思われるかもしれませんが、名古屋の場合はUFJ銀行のみに行列が発生するというところが特徴です。給料日、スーパーなどに設置されている共同ATMコーナーを見ると、他の銀行のATMは各1台なのに対し、大抵はUFJ銀行のみ2台設置してあるにもかかわらず、UFJ銀行に並ぶ行列は店外まで溢れている光景を目にすることができます。

 なぜ、名古屋っ子はそれほどまでにUFJ銀行が好きなのでしょうか。そして、そんなに待たなければならないにもかかわらず、なぜ他の銀行に乗り換えないのでしょうか。

名古屋を圧倒的に支配していた東海銀行

 UFJ銀行は旧東海銀行と旧三和銀行が都市銀行再編の際に合併してできた銀行です。東海銀行は名古屋を地盤とし、三和銀行は大阪を地盤としていました。かつて三和銀行は愛知県にほとんど無く、合併した2002(H14)年1月現在では5店舗を数えるのみでした。ですので、現在愛知県内にあるUFJ銀行の店舗のほとんどは東海銀行であったということで す。

 私が幼い頃、都市銀行は「13BANKS」と呼ばれ13行ありました。第一勧業、富士、三井、太陽神戸、住友、埼玉、協和、大和、東京、三菱、北海道拓殖、三和、そして東海銀行。そのうち11行は関東・関西圏に本社を置いていて、地方に本社があるのは札幌市の北海道拓殖銀行と名古屋の東海銀行で、この2行は都市銀行でありながら地方銀行と揶揄されることもありました。

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >


コメント投稿
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET