mobile ver.

名古屋コーチンを食べまくる!?
(2004-04-03)

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >

純血名古屋コーチンの誕生

「名古屋コーチン」

 現在では名古屋名物のひとつとして、不動の地位を築いています。しかし、私はどうもピンとこないのです。確かに昔から、鶏の手羽先や、もも肉のから揚げは好きでよく食べていました。しかし、名古屋コーチンのそれが家の食卓に並ぶことはありませんでしたし、かつてはそんなに名古屋コーチンの名を聞くことがなかったのです。名古屋コーチンという看板を掲げる店を、幼い頃に街中で見た記憶がありません。名古屋コーチンは高級な地鶏です。我が家は貧しかったから、食卓に並ぶことがなかったのでしょうか。幼い頃の私には興味が無かったから、看板が目につかなかったのでしょうか。そもそも名古屋コーチンとはどんな鶏なのでしょうか。

 名古屋コーチンは「名古屋種」という品種名の地鶏で、食用としてだけではなく、卵もよく産む卵肉兼用種です。体は赤褐色で、尾っぽにかけて黒くなっています。肉は脂が適度にのっていて、コクのある味わいと弾力のある食感が人気です。また、卵もよく産むだけでなく、とても滑らかな舌触りと、少し桜色がかった味の濃い黄身は評判となっています。名古屋の名物料理は庶民的なものが多い中で、この名古屋コーチンは地元名古屋でも高級食材として扱われています。

 名古屋コーチンは、全国の地鶏の代表とも言える存在です。なぜなら国産実用品種第一号だからです。では、歴史を紐解いてみましょう。時は、明治の初めに遡ります。明治以前、日本では食用の養鶏はあまり一般的ではありませんでした。しかし、名古屋周辺に限っては、古く安政のころから養鶏が行われていました。もともと名古屋っ子は、鶏肉を好んで食べていたのかもしれません。

 元尾張藩士の海部壮平・正秀兄弟は、明治維新によって武士の職を失いました。彼らが新たな職として始めたのが養鶏業です。まずは弟の正秀が養鶏に取り組みました。武士を辞め、最初はお店を開いていた兄・壮平も、それを廃業して養鶏に取り組みました。当初は名古屋在来の地鶏を育てていたのですが、体は1kg程度と小さく、卵もなかなか産みません。そこで交配をして体を大きく、そして卵をたくさん産む品種を作ろうと考えました。

 二人はそれぞれ、さまざまな交配を試しましたが、中国から輸入したバフコーチンと、名古屋在来の地鶏の交配が成功し、体が大きく、卵もたくさん産む「薄毛」が誕生したのです、それが1882(明治15)年のことです。

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >


コメント投稿
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET