mobile ver.

ういろう裁判
(2004-03-27)

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >

ういろうで早口言葉?

「拙者親方と申すは、お立合の中に、御存じのお方もござりましょうが、お江戸を発って二十里上方、相州小田原一色町をお過ぎなされて、青物町を登りへおいでなさるれば、欄干橋虎屋藤衛門只今は剃髪致して、円斉となのりまする。」

 アナウンサーや声優、舞台俳優といった「お喋り」の仕事に就きたいと思ったことがある方なら、この文章を一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。歌舞伎の十八番である「外郎(ういろう)売り」の一節なのですが、滑舌・発音の練習として使われることが多いものです。それはなぜかと言いますと、お芝居自体は外郎売りに扮した武士の敵討ちの物語なのですが、この武士と家来とのやりとりが面白く、かつ練習になるのです。

 外郎とは透頂香(とうちんこう)のことで、薬でした。外郎売りは、外郎を一粒舐めると胃、心臓、肺、肝臓が健やかになり、口の中もさわやかに、そして食い合わせ・万病にも速攻があると言います。そして何よりもこの薬が最も優れているのは、舌がまわるようになることだと言うのです。すると家来達は、そんなに舌がまわるのなら実際に見せてくれ、と言い、それを受けて外郎売りは早口言葉を言い始めるのです。

「あかさたなはまやらわ、おこそとのほもよろを、一つへぎへぎに、へぎほしはじかみ、盆まめ、盆米、盆ごぼう、摘蓼、摘豆、つみ山椒、書写山の社僧正、粉米のなまがみ、粉米のなまがみ、こん粉米の小生がみ、繻子ひじゅす、繻子、繻珍、親も嘉兵衛、子も嘉兵衛、親かへい子かへい、子かへい親かへい、ふる栗の木の古切口。...」

 と、後は延々と早口言葉が続くわけです。どこの放送局でも、アナウンサーになるにはこれが暗唱かつスラスラと言えるようにならなければなりませんし、俳優であればそれに加えて感情を込めなければなりません。

外郎(ういろう)はもともと薬

 外郎はもともと中国から伝わった薬です。中国元朝に宮礼部員として使えた陳宗敬(のちに陳外郎に改名)という中国人が来日し、神奈川県・小田原に移り住みました。そして小田原で「外郎透頂香」を製造するようになり、小田原から全国へ行商人が売り歩いたものです。

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >

コメント(1)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET