mobile ver.

ちょっとほろ苦い!?海老ふりゃあ
(2004-03-20)

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >

海老ふりゃぁは名古屋名物では無かった

「海老フライ」

 私は幼い頃から良く食べていましたが、名古屋の食べ物だという意識はありませんでした。実際、海老フライは全国どこへ行ってもありますし、冷凍食品としても一般的で大手メーカーから発売されています。海老フライは名古屋名物と言えるのでしょうか。

 現在では名古屋名物としての地位を着々と固めつつある海老フライ。しかしその歴史は浅く、きっかけは20数年前の出来事でした。それはタモリさんです。彼は20数年前、名古屋で「海老フライ」のことを「海老ふりゃぁ」と言っているのを耳にし、それをネタにしたのでした。その「ふりゃぁ」という語感が名古屋弁の特徴をよく表現できていたこともあり、それにまつわる名古屋の嘲笑ネタは一気に全国へと広がり、名古屋と言えば海老フライというイメージが出来上がるほどになりました。

 しかし、実際に地方の人が名古屋へやってきても、当時は海老フライが特に名物というわけではなかったので、海老フライの専門店を見つけることは困難を極め、海老フライを口にすることなく帰路につくという人がほとんどでした。

 日本全体の平均ですが、一人が年間に消費する海老の量は2.3kgでアメリカの2倍。もちろん世界一です。名古屋が特にというわけではなく、日本全体が海老好きなわけです。この2.3kgを海老フライに換算すると80匹。日本人は平均して4.5日に1回は海老フライを食べていることになります。もちろん、海老の消費が全て海老フライというわけではありませんから、実際の数字はこれよりも少ないと思います。

まんざら無縁なわけでもない

 では、名古屋と海老の間には全く関係が無いのかと言うと、実はそうではありません。どこの県にも県の花や県の木といったものがありますが、愛知県の魚は「クルマエビ」です。エビ科の節足動物を魚と呼んで良いのかどうかという話もありますが、三重県の魚も「イセエビ」なので、それはこの際抜きにして、どうして愛知県の魚がクルマエビに決まったのかを調べてみました。

 まず、クルマエビは愛知県の沿岸又は内水面で生産されその漁が相対的に多いこと。次に、生産量が全国的に上位であること。そして県内で消費者に広く親しまれ、知名度が高いこと。さらに現在及び今後、資源拡大を積極的に推進する主要魚種となり、県水産業のイメージアップとなると期待できることから、「愛知県・県の魚選定委員会」にて満場一致で選定されました。

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >


コメント投稿
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET