mobile ver.

ビジネスマンはきしめんで決まり
(2004-03-06)

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >

うどん屋さんとそば屋さん

「今日はソバ屋さんに行こうか。」

 と私は会社の上司に言われ、頭に「?」が広がったことがあります。会社の近くに蕎麦専門店なんてあっただろうか、新しい店でも見つけたのかなと思いついて行くとそこはいつものうどん屋さんでした。「なんだここのことか...。」

 このやりとりを不思議に思われるかもしれませんが、名古屋以外からやってきた人と食事によく行く名古屋っ子にはわかる感覚だと思います。私の上司は九州出身、社会に出てからは長年大阪にいた人です。上司は麺類を出す店のことをとにかく「ソバ屋さん」と言うのです。これに対し名古屋では麺類全般を扱う店のことを「うどん屋さん」と言い、ソバ屋さんと言えば「蕎麦粉にこだわっているような蕎麦専門店」のことを指します。

 大阪と言えばきつねうどんの街。にもかかわらず、なぜ麺類店のことをソバ屋と呼ぶのでしょうか。うどんが日本に入ってきたのは奈良時代と言われていますが、広く食べられるようになったのは江戸時代に入ってからです。関西を中心に四国へも広がり、その後甘く煮た油揚げを入れるようになりきつねうどんは大阪名物の地位を得ることになるのです。もっぱら蕎麦よりもうどんを愛する大阪人。しかしなぜ「ソバ屋さん」なのか。

 これは私の上司の意見であって大阪の人が皆そうだというわけではないと思うのですが、上司の答えは「あそこにはうどんだけじゃなく、蕎麦もきしめんもあるから。」というものでした。つまり、うどん屋さんとはうどん専門店のことを指し、麺類全般を扱う店をソバ屋さんと呼ぶ、名古屋っ子と正反対の感覚であったわけです。

 推測ですが、大阪人にとってのうどん屋さんとは、本当においしいきつねうどんを出す店を指し、それ以外をソバ屋さんと呼んでいるのではないでしょうか。(違っていたら大阪の方教えてください)

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >

コメント(2)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET