mobile ver.

赤味噌の無い生活なんて...
(2004-02-28)

< ページ移動: 1 2 3 4 5 6 >

味噌カツというメニューの無い店がある

 名古屋へやって来た他の地方の方が驚くものの中に「味噌カツ」があります。大抵の地域ではとんかつにはソースをかけることと思います。そしてカラシを添えてキャベツと食べる...。確かに美味しいですし、私も家ではそうしています。名古屋と言えども、全国区チェーンのとんかつ専門店などではソースで食べることができます。

 味噌カツとは、その名のとおりとんかつに砂糖を加えた赤味噌をかけたものです。赤味噌はもともと白味噌よりも甘いのですが、この味噌カツ用ソースは赤味噌に砂糖を加え火に掛けながら煮詰めます。焦げないように気をつけながら砂糖が溶けきって混ざれば完成です。私は味噌カツも食べますが、ソースのとんかつとは全く別の食べ物と考えています。最近は味噌カツもある程度知名度がでてきたために、名古屋以外の方でもそういうものがあるということはご存知の方が多くなっていると思います。

 さて、名古屋へやって来た人が何に驚くかと言いますと、それを聞かないという点です。どういうことかと言うと、名古屋を地盤とする居酒屋やとんかつ専門店では多くの店が味噌カツをデフォルトにしているのです。つまり、何も言わずに「とんかつ」「メンチカツ」を注文すると無条件に赤味噌がかけられているのです。ソースをかけたい場合はあらかじめそう言っておかなければなりません。私は、転勤で名古屋にやってきた上司、出張で名古屋にやってきた同僚、そして学生時代、名古屋に進学してきた地方出身者達が驚く姿を何度も見てきました。つまり味噌カツは名古屋名物のメニューなのではなく、名古屋ではそれが当たり前で、とんかつは「ソースをかけて食べることもある」ものなのです。

< ページ移動: 1 2 3 4 5 6 >


コメント投稿
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET