mobile ver.

名古屋の求心力
(2004-01-17)

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >

名古屋は中部の中心都市なのか

 名古屋を中心とした、曖昧なエリアを指す言葉として用いられる「この地方」。前回に続いて、その言葉が指す地域が曖昧な理由をもう少し突き詰めてみましょう。

 関東地方(首都圏)の中心は東京。関西地方(近畿圏)の中心は大阪。これは揺らぎようの無い事実で異論は無いと思います。横浜も大きな都市ですが、首都圏はその名のとおり「首都」を中心としたエリアであって横浜は中心になり得ませんし、神戸や京都も、観光や歴史の面では大阪と張り合うことはできても経済や行政の中心都市と言うには力不足でしょう。

 では名古屋は、中部地方全体の中心都市と言えるのでしょうか。

 中部圏整備法による中部圏と、教科書や百科事典などで定義される中部地方を合わせた、愛知・岐阜・三重・静岡・長野・滋賀・富山・石川・福井・新潟・山梨の11県には名古屋よりも人口が多い都市はありませんし、中心となり得る都市も一見ありません。しかし、これらの地域すべてに名古屋の影響力が及んでいるとは到底思えません。それはなぜでしょうか。

どこまで及ぶ?名古屋の力

 静岡の人に次のようなことを言われました。

「静岡県は名古屋を中心とした東海4県として扱われるけれど、名古屋方面には全く目を向けていません。新幹線(ひかり)で、静岡駅から東京駅まで70分。片や名古屋駅まで50分。東京に買い物に行くことはあっても、たった20分の違いのために名古屋に行くことはありません。」

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >


コメント投稿
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET