mobile ver.

黒 船 来 襲
(2004-01-03)

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >

名古屋はビジネスも排他的だった

 先日、私が勤めている会社の東京本社営業担当者が、名古屋の市場動向を知りたいということでこの地方の取引先を一緒に回ることになりました。この担当者は東京生まれの東京育ち。今までプライベートも含め、名古屋に一度も来たことがないということで到着するや否やこんなことを言い出しました。

「名古屋って難しいんだよね確か。よそ者は受け入れないんでしょ?」

 確かに、名古屋へ転勤すると大変らしいですとか名古屋はビジネスがやりにくいという話は噂話レベルだけでなくビジネス書にも書いてあるほどです。実際名古屋で長年生活している私にも、確かに外から入り込むのは少し難しいだろうな。と感じるところはあります。逆に名古屋で成功すれば、全国どこでもやっていけるという話もあります。

しかし流れは急に変わった

 ここ最近、これまではあまり見られなかった、名古屋以外に拠点を置く流通大手の名古屋進出が相次いでいます。

 2002(H14)年7月、愛知県に初上陸したコンビニエンスストア国内最大手「セブンイレブン」。同年12月には名古屋市内に進出しました。当初はサークルK王国であるこの地域にどれくらい食い込むことができるか、と言われていたのですが、2003(H15)年12月現在店舗数ではすでに名古屋地盤の中堅コンビニ「ココストア」と並び、各店の売上を見ても、全国の新店平均よりも名古屋地区の新店売上は大幅に上回っているそうです。

 2003(H15)年7月にはイオン熱田ショッピングセンターが名古屋の大きな繁華街の一つである金山駅近くにオープン。場所は大同特殊鋼工場跡地のため面積は広く、中心部にもかかわらず名古屋で商売をするには必須である駐車スペースを3200台分設け、連日渋滞を引き起こすほどの繁盛振りです。イオンはここ最近この地方へ積極的に出店しており、1999(H11)年にオープンした、映画館などを兼ね備え駐車場3000台を誇るイオン名古屋ベイシティを皮切りに、三好や扶桑などといった郊外住宅地にも大型店舗を軒並み出店しています。ただ、イオンは千葉県に本社があるとはいえ発祥の地は三重県であるので、地元の会社というイメージもあることはあるのですが...。

 また、8月には「ドン・キホーテ」がオープンしました。夜が早いと言われている名古屋への出店は吉と出るか凶と出るか注目されました。こちらも駐車場があるために車で行けるという利便性もあり、名古屋の夜を開拓する結果となりました。

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >


コメント投稿
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET