mobile ver.

世界の中心都市としての義務
(2003-11-29)

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >

本気?ネタ?名古屋オリンピック

 私は今でも鮮明に憶えているのですが、小学校に入学し最初の体育の授業で先生からこんな話がありました。

「今度、名古屋でオリンピックが開かれます。オリンピックでは世界中からスポーツ選手がやってきます。皆さんもオリンピックに出場できるくらいに、運動して体を鍛えましょう。」

 また、親と名東区にある父方の親戚の家へ向かう途中、平和公園の横を通った時に父が言いました。

「ここになー、大きい運動場ができて、オリンピックやるんだぞ。」

 これは私の妄想ではありません。皆さんは記憶に残っていますでしょうか、1988(S63)年の夏季オリンピックの誘致活動に名古屋が真剣になっていたことを。長年名古屋ではこの話題に触れることさえ禁じられてきました。今考えるとかなり不思議な出来事なのですが、なぜ名古屋でオリンピックだったのでしょうか。

 1977(S52)年、当時の仲谷愛知県知事が突然「1988年のオリンピックを名古屋へ。」と発言し誘致活動が始まったのです。反対運動も起こり、名古屋が一枚岩となって望んだわけではありませんでしたがなぜか当時、名古屋では完全に勝利ムードが漂っておりほぼ決まったも同然という報道がされていました。そのため学校の先生や私の父親も、もはや決まったものとして私に「やるかもしれん」ではなく、「やるんだぞ」と名古屋オリンピックのことを話したのでしょう。

 愛知県知事はこのオリンピックで、当時東京や大阪に比べて遅れていたインフラ整備を充実させることと、経済効果も見込んでいたことでしょう。しかし何よりも根底にあった気持ちとしては前回書きましたとおり、名古屋っ子にとって名古屋は世界に誇る日本のメジャー都市であるという思いではないでしょうか。「東京はオリンピック、大阪は万博という世界的なイベントをやっているのに、名古屋が何もやっていないのはおかしい。」この気持ちが根底にあったはずです。さらには関東(筑波)での万博も控えていたのです。

「なぜ名古屋だけが置いてきぼりなのか。日本を代表する都市である名古屋が...。」

 名古屋では「オリンピック音頭」や「オリンピック開催決定記念グッズ」が作られ、すっかり街はオリンピックムード一色となりました。この頃、東京や大阪の人々はどういった目でこの状況を見ていたのでしょうか。当時の記憶のある人に聞いてみたいものです。

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >


コメント投稿
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET