mobile ver.

緑地も街も道路も分断され...
(2006-06-14)

< ページ移動: 1 2 3 >

画像

 名東区の地図を見ると、南端に大きな池のある緑地が存在するのがわかります。「牧野ヶ池緑地」とあります。牧野ヶ池緑地という名を耳にしても、どういうところかを即在に思い浮かべられる人は名古屋っ子でも少ないと思います。市内にある他の大高緑地や小幡緑地に比べて地味な印象があります。それはなぜでしょう。

 地下鉄星ヶ丘駅から市バス「幹星丘1」系統に乗り、新宿という名古屋では耳慣れない名のバス停の次にある梅森坂口で下車します。そこが牧野ヶ池緑地の北西端にあたります。緑地はそこから横におよそ1.2キロ、そして縦にも約1.2キロに渡って続いています。その大きさは147ヘクタール。ところが、その面積の約半分である72ヘクタールがゴルフ場となっているのです。そのゴルフ場を取り囲むように、残り半分の面積に憩いの施設が散りばめられています。公園の中央部がゴルフ場として分断されているため、緑地公園としての印象が薄いのでしょう。

画像
▲牧野池。池の向こう側に緑地とゴルフ場があります。

 緑地の北側に横たわるのが牧野池です。ぐるっと池を1周3キロのコースを歩いてみましょう。池の南側にはハスの群生地があり、池に突き出ている部分には雪見堂があります。南側にはゲートボール場や芝生広場、ぼうけん広場などが設置されています。カワセミやクサガメ、ミシシッピアカミミガエがいるハンノキの群生地を越えると池の西側に出ます。出たところで児童野球コーナーへ行かずにそのまま池に沿って歩いていくと、丘の上に続いている道があります。登ってみましょう。

< ページ移動: 1 2 3 >


コメント投稿
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET