mobile ver.

思い詰める前に文字にしてみて下さい
(2006-03-07)

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >

画像

 前回に続き、相生山グラウンドの北側から東へと歩きます。住所で言いますと、天白区天白町大字野並字上新田から、字相生方向へと歩きます。ここは相生山の南にあたり、森の中に住宅がポツポツとあるという空間です。相生山は北から3つのゾーンにわかれていて、南部「字相生」がこの住宅地、中央「字稲田」が林、そして北部「菅田3丁目」はオアシスの森として整備されています。現在、北部と中央部の間を横断するように道路建設が進められており、相生山は刻一刻と姿を変えつつあります。工事は2004(H16)年末から進められています。

 東へ向かう道は、自動車が何とかすれ違える程度の舗装道路となっています。道路の両側には桜の木があり、春には桜のトンネルができあがります。左側の木の柵の向こうは林になっていて立ち入れないようになっています。対して右側には何本も細い道が南へと繋がっています。1本目はちゃんと舗装されてはいるものの、自動車はすれ違い不可能な細さです。南側は一度下って谷になり、その向こうがまた丘で上り坂となっているため見通すことができません。丘の向こうには交通量の激しい東海通があるはずなのですが、全くそれを感じさせず、山里風景が広がっているのではないかと錯覚するほどです。

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >


コメント投稿
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET