mobile ver.

大同町と言うだけのことはある
(2005-06-21)

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >

画像

 再び国道247号線に戻り、大江川緑地に架かる港東橋から南へと歩きます。大江川から南、国道247号線の西側にある現在の滝春町、大同町のあたりが、1806(文化3)年に菱屋太兵衛が完成させた大江新田となります。大江新田は塩害が酷く、数多くの用水路を作ったと記録にあります。そのため瓜を栽培したり、海苔を養殖するなどして生活をしていたようです。国道247号は大同町の真ん中を貫く形になります。その名のとおり、ここから先は「大同」の町となります。

 南に向かって左手には、大同特殊鋼星崎工場がそびえています。南区の西側は、名古屋の産業を支える大きな企業がたくさん建ち並び、工場近くの歩道というのは殺風景になりがちです。そこで大同特殊鋼は工場敷地の塀にハーブを植え、なおかつ外から見えるところは芝生を敷き、少しでも工場沿いの歩道の環境を良くしようと工夫しています。ふと見るとその芝生の中には赤い鳥居の神社もあります。緑と赤のコントラストが目にも鮮やかです。その先、大同町3丁目交差点が工場の入口です。交差点の4方向のうちひとつが工場という形になっています。間違って左折しないようにお気をつけ下さい。多分守衛さんに止められます。

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >


コメント投稿
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET