mobile ver.

水と星のオアシスを再び...
(2005-06-21)

< ページ移動: 1 2 >

画像

 名鉄大江駅前から国道247号線を南下します。名鉄築港線が走る環状線を港東通交差点で越えます。しばらくは道路の両側に住宅団地が並ぶのですが、名古屋臨海鉄道のガードをくぐったあたりから工業地帯に姿を変えていきます。すると少し坂を上った格好になって橋を渡ることになります。大江川を渡る港東橋です。しかし橋の下には水は流れていません。散歩道のある緑地公園に整備されています。港東通交差点からこの大江川緑地にかけて、現在「宝生町」となっている部分は、1793(寛政5)年に完成した宝生新田です。1912(M45)年に名鉄常滑線が愛知電鉄として開通した当時はここに星崎駅がありました。今もその星崎という地名は残されていて、宝生町の西側は港区本星崎町です。

 そして宝生町の東側、国道23号あたりまでは1725(享保10)年に中村弥次右衛門によって開削された水袋新田、さらにその東、現在の元塩町あたりは同じく弥次右衛門による弥次右衛門新田跡となります。弥次右衛門はこのあたり一帯で塩を製造し、それは前浜塩という名で有名になりました。塩については後述します。

< ページ移動: 1 2 >

コメント(4)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET